鶴見区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

火災、市内最多を更新中 鶴見区内 たばこなど要因

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena

 鶴見区内の火災発生件数が、今年に入り52件(8月4日現在)と、市内18区中ワーストとなっていることがわかった。要因として放火とたばこが増えており、鶴見消防署が注意を呼びかけている。

 鶴見消防署(山田裕之署長)によると、発生件数は前年同期から10件増加しての市内ワーストとなっている。2番目に多い港北区が45件、3番目の中区が35件で、鶴見は突出しており、過去10年間の区内平均件数44件よりも多い状態だ。

 市内全体では、同日現在421件で、昨年比6件減となっている。

小さなことから行動を

 種別では建物火災が9件増加。火災による死者は2人で前年から1人減少。負傷者は13人に上り、9人増えている。

 主な火災原因では、「放火」が16件で最多となり、前年比7件増。続く「たばこ」が12件で同4件増となっている。

 特に、過失による火災である「たばこ」は、昨年一年間でも15件だったため、今年は約8カ月でそれに迫る勢い。

 鶴見消防署は、「特にたばこ火災については、昨年から増え続けている」と分析。

 これまで発生した火災の中には、喫煙者の不注意によるものも多いとし、「屋外では携帯用灰皿を携行し、ポイ捨てをしない、灰皿には水を入れ、吸殻をため込まないなど、小さなことから火災を起こさないための行動をお願いしたい」と注意を呼びかける。

救急件数も増加

 夏は熱中症などでの搬送が増加する救急出場件数は、8月4日現在9133件となっており。前年から99件増加。

 市内全体でみると、前年比で減少は4区のみと、依然として増加傾向にある中、鶴見区は港北区、中区に次ぐ3番目の多さとなっている。

鶴見区版のトップニュース最新6

約5年ぶりに遷座

東寺尾庚申塔

約5年ぶりに遷座 社会

伝え記す高札も復活

9月19日号

一部を保存、ホテルに

現市庁舎

一部を保存、ホテルに 社会

エンタメ施設やオフィス、大学も

9月19日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

会場広げ"地元沖縄"満載

鶴見ウチナー祭

会場広げ"地元沖縄"満載 社会

9月に引っ越し、21・22日に

9月12日号

モンゴル医大から称号

馬場在勤篠原今朝男さん

モンゴル医大から称号 社会

病院建設に尽力

9月5日号

国土交通大臣表彰を受賞

豊岡商店街

国土交通大臣表彰を受賞 文化

打ち水企画など評価

9月5日号

鶴見工場にミュージアム

森永製菓

鶴見工場にミュージアム 社会

2020年春 見学も再開

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 白髪アレコレ

    髪のお悩み 解決コラム【2】

    白髪アレコレ

    〜全体染めのタイミングって?〜

    9月19日号

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【12】「学校歯科医とかかりつけ医の役割」

    6月27日号

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【11】「学校歯科医の使命」

    5月30日号

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク