鶴見区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く 前田 正博さん 北寺尾在住 71歳

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

陶芸は面白い それがすべて

 ○…栄えある数々の受賞歴。作品は中学校の美術の教科書に載る。「焼き物の楽しさを広めたい」。サントリーのプロジェクトに協力し、東日本大震災後の東北で始めたボランティアのワークショップ。工房を構える六本木や横浜市内で開いてきたが、今夏、地元鶴見で初めて企画した。白い磁器に色鮮やかな転写紙を貼り、焼きつける。子どもたちの思い豊かな作品を前に、「適応力が高い。すごいよね」と目を丸める。

 ○…京都府生まれ。幼いころから絵を描くのが好きだった。芸術の道を決定づけたのは、中学時代の美術教師との出会い。「きれいな人で、よく下宿先に遊びに行った」と笑う。置いてあったたくさんの画集。思春期の中学生が、美術の楽しさに目覚めた瞬間だった。陶芸を選んだのは東京藝術大学入学後のこと。「焼き物は変化する。一番面白いものを選んだ」。磁器に色を入れ、焼く――丹念に重ねる、色絵という技法。唯一無二の道を貫いてきた。

 ○…僧侶だった妻の父の縁で、鶴見に住んだ。「若いときは三ツ池公園でテニスもした」という快活な一面も。デザインのインスピレーションを求め、本屋めぐりが息抜きの一つ。常に作品のことを考え、生む苦しさすら楽しむ。少しの環境の違いで変化する焼き上がり。「窯出しのときが一番楽しいんだ」。刺激的な一期一会の毎日。語る目は少年の輝きだ。

 ○…「工芸って地味だから人気ない。稼げるって教えないと」。そう冗談めかす。作品づくりとともに、ライフワークになったワークショップ。一昨年、中区馬車道に開いた磁器研究所でも不定期に開催する。「小さいころから知ってもらうことは大事」。職業・陶芸家。自身という器を通し、社会へ、後世へ、面白さを伝えていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

プリンス電機㈱

環境や社会に取り組む施設、機器用照明の専門メーカー

http://www.prince-d.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク