鶴見区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

横溝屋敷 輪島塗の器でハレ料理 地元野菜を堪能

文化

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

 石川県輪島市で生産される高級漆器・輪島塗りの器で地元野菜をふんだんに使った「ハレの日の料理」を楽しむイベントが、10月5日、みその公園横溝屋敷(新田弘子館長)=獅子ヶ谷3の10の2=で開かれる。正午から午後2時(受付11時半から)。

 昔の里山生活では、普段の日常を「ケ」の日、祭礼や年中行事などを行う日を「ハレ」の日と呼んだ。横溝屋敷でも、以前はお祝いの日を「ハレ」の日として、ご馳走を出していたという。

 企画のきっかけは、6月に行われた鶴見「観光ネットワーク」づくり交流会。鶴見区と友好交流協定を結んでいる輪島市の担当者と出会い、「輪島塗のお膳と漆器を使って、昔のハレの日を再現しよう」と、今回の企画につながった。

 対象は小学生以上。先着20人。一人2000円。申込は、9月15日午前9時半から。申込、問い合わせは同館【電話】045・574・1987。

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク