鶴見区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

手術支援ロボを体験 中学生ら東部病院で

社会

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
実際の手術室でロボットアームの操作を体験する参加者
実際の手術室でロボットアームの操作を体験する参加者

 済生会横浜市東部病院で9月1日、手術支援ロボット「ダビンチ」に触れる中学生対象の体験イベントが行われた。

 イベントは、子どもたちに医療や健康を身近にとらえてもらうための取組「子どもと医療を結ぶプロジェクト」の一環。ダビンチは、4本のロボットアームに内視鏡や電気メスを取り付け、遠隔で手術を可能とする支援ロボット。同院では前立腺がんを中心に、胃がんや子宮体がんなどの手術に用いられている。

 当日は、中学生7人と保護者の計15人が参加。同院泌尿器科医師ら立ち会いのもと、4本のロボットアームを遠隔で操作し、医師さながらの模擬手術を体験。緊張感ある作業をこなした。

 また、3D画像の解析体験などもあり、参加者は貴重な実践経験を楽しんだ。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter