鶴見区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

東寺尾庚申塔 約5年ぶりに遷座 伝え記す高札も復活

社会

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
設置後、住民が集まる中でお祓いされた庚申塔と高札(右)
設置後、住民が集まる中でお祓いされた庚申塔と高札(右)

 東寺尾第一自治会(清水正男会長)の住民らが、長く市に要望していた庚申塔の移設が9月14日に完了し、言い伝えを記した高札とともに約5年ぶりに元の位置に戻った。住民らは「江戸時代から地域を守ってきてくれた庚申塔。本当にうれしい」と喜んでいる。

 この庚申塔は、享保年間に建てられたもの。青面金剛像がまつられ、かつての村の入口とされる、東寺尾一丁目ふれあい公園の麓あたりに置かれていた。

 移設の話が持ち上がったのは2014年。土地の所有者が横浜市に移る際、神仏関連の設置物は移設が必要だったことから余儀なくされた。

 土地については、市が公園を整備するとしていたため、住民らは整備後に庚申塔を再度戻すことを条件に納得。同じ自治会内の松蔭寺が協力し、仮置場としてまつっていた。今回、周辺の整備に合わせ、約5年ぶりに元の場所に戻った。

 移設に向け奔走した同自治会福祉部の内井寿久さんによると、「翌年には公園は完成していたが、戻す話は出ず、この間ずっとお願いしてきた」と念願の再設置に胸をなでおろす。

幻の一本目

 ともに移されていた高札は、庚申塔の言い伝えを記したもの。同自治会も含む、東寺尾や馬場周辺の自治会長らが結成した団体「寺尾奉行」が建てたものだ。

 同団体は、中世から江戸時代にかけて、民衆向けに法令などを公示していた掲示板である「高札」を用い、地域に眠る歴史や文化を発信。庚申塔の高札は、現在28カ所あるうちの記念すべき一本目だったため、これまでマップに掲載されるのみの「幻の高札」と呼ばれていた。

 寺尾奉行の一人は「これでようやく全て揃った。改めて見て回ってもらえれば」と話した。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

多文化、防災などに重点

鶴見区予算案

多文化、防災などに重点 社会

4体系29事業を展開

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

まちづくりの指針、改定

まちづくりの指針、改定 社会

都市マス 20年後見すえ

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

寺尾城の御城印を製作

馬場建功寺

寺尾城の御城印を製作 社会

11日、城イベントで販売

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク