鶴見区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

東寺尾庚申塔 約5年ぶりに遷座 伝え記す高札も復活

社会

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
設置後、住民が集まる中でお祓いされた庚申塔と高札(右)
設置後、住民が集まる中でお祓いされた庚申塔と高札(右)

 東寺尾第一自治会(清水正男会長)の住民らが、長く市に要望していた庚申塔の移設が9月14日に完了し、言い伝えを記した高札とともに約5年ぶりに元の位置に戻った。住民らは「江戸時代から地域を守ってきてくれた庚申塔。本当にうれしい」と喜んでいる。

 この庚申塔は、享保年間に建てられたもの。青面金剛像がまつられ、かつての村の入口とされる、東寺尾一丁目ふれあい公園の麓あたりに置かれていた。

 移設の話が持ち上がったのは2014年。土地の所有者が横浜市に移る際、神仏関連の設置物は移設が必要だったことから余儀なくされた。

 土地については、市が公園を整備するとしていたため、住民らは整備後に庚申塔を再度戻すことを条件に納得。同じ自治会内の松蔭寺が協力し、仮置場としてまつっていた。今回、周辺の整備に合わせ、約5年ぶりに元の場所に戻った。

 移設に向け奔走した同自治会福祉部の内井寿久さんによると、「翌年には公園は完成していたが、戻す話は出ず、この間ずっとお願いしてきた」と念願の再設置に胸をなでおろす。

幻の一本目

 ともに移されていた高札は、庚申塔の言い伝えを記したもの。同自治会も含む、東寺尾や馬場周辺の自治会長らが結成した団体「寺尾奉行」が建てたものだ。

 同団体は、中世から江戸時代にかけて、民衆向けに法令などを公示していた掲示板である「高札」を用い、地域に眠る歴史や文化を発信。庚申塔の高札は、現在28カ所あるうちの記念すべき一本目だったため、これまでマップに掲載されるのみの「幻の高札」と呼ばれていた。

 寺尾奉行の一人は「これでようやく全て揃った。改めて見て回ってもらえれば」と話した。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

緑化活動で大臣賞

みどりのルート1をつくる会

緑化活動で大臣賞 社会

“沿道里山”実現へ尽力 

6月10日号

配信授業システム稼働

鶴見大図書館

配信授業システム稼働 教育

「学校にいる安心感ある」

6月10日号

日帰りが7割減少

鶴見区観光客

日帰りが7割減少 経済

宿泊はビジネス減響く

6月3日号

電気ごみ収集車普及へ協定

新明和工業(株)

電気ごみ収集車普及へ協定 社会

厚木市、三菱ふそうと

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 社会

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter