鶴見区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

(PR)

探究の時間ってなあに? 【3】 聖ヨゼフ学園小 祭りから地域の違いを知る 自らの世界を広げて

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
手作りの衣装でよさこいを踊る児童ら
手作りの衣装でよさこいを踊る児童ら

 聖ヨゼフ学園小学校で行われている探究の時間は「自分で考える力」を養うため、教えられるのではなく児童自らが答えを導き出す国際的なプログラムを実施するバカロレア(IB)認定校ならではの学習法だ。

 3年生69人は「ところ変わればくらしも変わる」をテーマとし、「自分の当たり前は本当に当たり前なのか」という疑問を解決するため、様々な国や地域の宗教、服装、文化などを勉強してきた。

 より学びを深めるため、よさこい、七夕、ねぶた、祇園、エイサーの5つの祭りについて、班に分かれて歴史や踊りの意味などを調査。9月25日には、成果発表に向けて準備する様子を取材した。

踊りを再現

 高知県のよさこいを担当したグループは、戦後、商店街に人が集まらず、同県のよさこい節に踊りをつけて集客しようと始まった祭りのきっかけと背景にある願いを学んだ。

 実際に踊りを見て、児童らの発案で、踊りを分かりやすく伝えようと、はっぴをビニールで手作りし、牛乳パックなどで鳴子を表現。本番に向けて練習を重ねていた。

 その他のグループも、祭りの山車を段ボールで表現したり、プレゼンソフトで発表の準備をしたりと役割分担をして自発的に学ぶ様子が見られた。

 児童らは「県によって色々ある。当たり前は違う場所では当たり前でない」などと、様々な文化や生活の様子を知ることで、自らの世界を広げている様子だった。

 関口梨々香教諭は「学びを通して視野が広まり、これまでとは少し違う視点でものを見れるようになるといい」と話した。

■聖ヨゼフ学園小学校(東寺尾北台11の1)【電話】581・8808

ヨゼフ

鶴見区東寺尾北台11の1

TEL:045-581-8808

https://www.st-joseph.ac.jp/primary/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

横浜市 新型コロナウイルスワクチン接種特別号

横浜市 新型コロナウイルスワクチン接種特別号

編集協力:横浜市健康福祉局健康安全課

5月13日号

家、食べられてない!?

家、食べられてない!?

ダスキン東寺尾 シロアリ駆除お得に

5月13日号

湘南国際学院横浜鶴見校が開校

広域通信制サポート校

湘南国際学院横浜鶴見校が開校

新入生、転編入生受付中

5月7日号

水道修理・水廻りのプロフェッショナル

水道修理・水廻りのプロフェッショナル

市水道局「水の総合サービス提供事業」協力事業者 (株)ビルド

5月7日号

脊椎の負担少ない治療を見極め

平和病院横浜脊椎脊髄病センター

脊椎の負担少ない治療を見極め

年間700件以上の手術実績

4月29日号

コロナ禍、支援活動を実施

国際ロータリー第2590地区

コロナ禍、支援活動を実施

医師会、こども食堂に寄付

4月29日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter