鶴見区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

横浜絹フェス 着物の”美”発信

文化

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena

 絹の素晴らしさを世界に発信するイベント「横浜絹フェスティバル」(11月22日〜24日)の一環で、きものショー「日本の美を愛でる」が11月24日、横浜市開港記念会館で開かれる。同フェスティバル実行委員会が主催。

 当日はプロのきものモデルと一般公募から審査会を通過したモデルが、色鮮やかな着物の美しさを発信する。午後3時と5時開始の2回開催。入場料は1800円(税込)で一部を神奈川新聞厚生文化事業団へ寄付する。

 読者限定で午後3時開始のショーに5組10人を招待する。はがきに〒、住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、〒150―0044東京都渋谷区円山町28の3・2階「日本の美を愛でる」事務局宛に郵送。10月11日必着。(問)事務局【電話】03・3770・0155(午前11時〜午後6時、土日祝休)

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場 ICT化へ一歩

5月7日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

5月7日号

鯉のぼり 天高く

鯉のぼり 天高く 文化

横溝屋敷に70流

5月7日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀、市と協定

5月7日号

個性溢れる書、楽しむ

個性溢れる書、楽しむ 文化

鶴見書人会が展示

5月7日号

区内奉仕団体 こども食堂支援

区内奉仕団体 こども食堂支援 社会

地元産のタケノコ 有効活用

5月7日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter