鶴見区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

おとな女子の文化祭 癒しなどテーマに 40ブース

文化

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
昨年のおとな女子文化祭の様子
昨年のおとな女子文化祭の様子

 癒し、ビューティーなどをテーマに、30〜50代の女性が出店し、様々な体験ができる「おとな女子文化祭」が10月27日、ココファン横浜鶴見=鶴見中央=で開かれる。同実行委員会が主催。

 おとな女子文化祭は、2013年にスタート。初めは、東京を中心に活動していた夫婦カウンセラーの周りに集まったグループが、「悩み、家に閉じこもりがちな女性たちに、得意なことを生かして笑顔になってもらいたい」と企画したことが始まりだった。活動に賛同する有志が協力しながら東京や関西などで開催を続け、昨年から鶴見で実施している。

 当日は、約40のブースが出店。横浜や鶴見を中心としたサロン経営者などが、占いやマッサージ、カラーセラピーといった様々な体験と楽しさを届けるほか、スタンプラリーなども予定。

 樋口知昌実行委員長は「鶴見での開催から出展者も増え、地域が受け入れてくれた感じがする。イベントをきっかけに、女性が輝く一歩を応援できれば嬉しい」と話した。

 入場は無料。ブースによって参加費は異なる。午前10時から午後4時。事前予約必要なものあり。詳細は、公式ブログ・おとな女子文化祭https://ameblo.jp/love-ma-1117/

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク