鶴見区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

区内4社 SDGsで県と連携 パートナー登録

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
黒岩知事(右)から登録証を受け取るマルハチの八木社長
黒岩知事(右)から登録証を受け取るマルハチの八木社長

 神奈川県による「かながわSDGsパートナー」の第2期登録式が10月3日、横浜市開港記念会館で開かれ、県内企業や団体など88者が新たに名を連ねた。区内関連では4社が登録を受けた。

 持続可能な開発目標「SDGs」(エスディージーズ)は、国連で採択された2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するため、17のゴールと169のターゲットから構成される。

 県のパートナー登録制度は、このSDGsについて、県内企業への推進拡大などを目的としたもの。企業に裾野を広げることで、個人レベルにまでSDGsを普及する狙いがある。

 登録は、県内に事業所のある企業やNPOなどの団体、経済・社会・環境すべてに関わる取組を実施するなど、審査を通過する必要がある。今年度からの新事業で、4月の第1期分49者を合わせ、137者となった。

 黒岩祐治知事は「一人ひとりが何をすればいいのか届けるのは大変だが、企業とパートナーを結ぶことで、血液が一気に流れる」と話した。

取組発信、周囲巻き込む

 区内からは鶴見中央の文房具店(株)マルハチ、末広町のJFEエンジニアリング(株)、弁天町の(株)Jバイオフードリサイクル、小野町に研究所を置く(株)ユーグレナ=本社東京都=の4社が登録された。

 マルハチの八木幹雄社長は、すでに取り組んでいることが多いとしながら、「この取組は自己満足で終わってはダメだと思った。アピールすることで周囲を巻き込み、みんなで社会に貢献したい」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

食料、日用品を無料配布

食料、日用品を無料配布 社会

誰でも参加可 相談会も

12月9日号

振り返る 私の小学生時代

振り返る 私の小学生時代 文化

三世代鶴小 中西家にインタビュー

12月9日号

プレミアム商品券販売

レアールつくの

プレミアム商品券販売 経済

18日と19日、冊数限定

12月9日号

会員増強が奉仕の基盤に

RCの横浜・川崎エリア

会員増強が奉仕の基盤に 社会

小倉ガバナー、地区大会で

12月9日号

児童の記念作品

学校、地域へ思い込め

児童の記念作品 教育

12月9日号

ホーム100組200人を招待

プロバスケB3横浜エクセレンス

ホーム100組200人を招待 スポーツ

1月1、2日 横浜武道館

12月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook