鶴見区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 全編区内ロケで制作

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
制作発表会見で登壇した出演者たち(写真前列右から時計回りに、いーどぅし・なみなみさん、同・かーなーさん、ガレッジセール・川田広樹さん、MAX・Reinaさん、デニス・植野行雄さん、渡辺熱監督、宮川たま子さん、ガリットチュウ・福島善成さん、プロデューサーを務めた野村拓哉さん)
制作発表会見で登壇した出演者たち(写真前列右から時計回りに、いーどぅし・なみなみさん、同・かーなーさん、ガレッジセール・川田広樹さん、MAX・Reinaさん、デニス・植野行雄さん、渡辺熱監督、宮川たま子さん、ガリットチュウ・福島善成さん、プロデューサーを務めた野村拓哉さん)

 オール鶴見ロケとなる映画『だからよ〜鶴見』(主演・川田広樹/鶴見区後援)の制作発表会見が、10月4日、鶴見沖縄県人会館で開かれ、来春の沖縄国際映画祭出品に向け、出演者らが意気込みを語った。

 作品は、吉本興行が主幹事を務め、毎年開催している「沖縄国際映画祭」のプログラムの一つ、地域発信型映画として制作されるもの。ウチナー祭事務局長で、東寺尾の沖縄ショップ「ぷからす家」の野村拓哉さんが発案し、知人だった演劇ユニット・デッドストックユニオンの渡辺熱さんが制作・脚本を快諾。吉本協力のもと実現した。

 プロデューサーを務めた野村さんは「沖縄と南米のミックスが魅力の一つ。その雰囲気を伝えたいと思った」と経緯を説明。脚本・監督の渡辺さんは、制作前に鶴見を飲み歩き学んだことを明かし、「色んな国が融合したチャンプルー文化。人が優しく、面白くて良いまちということを発信できれば」と意気込んだ。

伝統の「角力」軸に

 鶴見の魅力の再発見と発信などを目的とした同作。仲通商店街を中心に、全編鶴見で撮影。沖縄以外では珍しく、75年続く伝統の沖縄角力(すもう)大会を軸に、恋と友情を描く人情喜劇となっている。主演はお笑いコンビ・ガレッジセールの川田さん。沖縄の女性デュオ・いーどぅしなどが脇を固め、区民の出演もある。

 上京時から鶴見の沖縄料理店に通っているという川田さん。「穏やかで空気感が沖縄」と評し、「楽しんで撮影できた」と話した。

 今後は鶴見での上映会なども予定されている。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

利用者の居場所を開設

末吉介護事業所団体

利用者の居場所を開設 社会

”顔の見える”地域へ

12月5日号

時代切り開き50年

鶴視協

時代切り開き50年 社会

生きやすい社会へ尽力

12月5日号

第8分団、東芝が最優秀

横浜市消防大会

第8分団、東芝が最優秀 社会

小型ポンプで初のアベック

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

「生麦事件」テーマに新企画

「生麦事件」テーマに新企画 社会

地元商店街 旧東海道とも連携

11月21日号

古民家エリアが誕生

馬場花木園

古民家エリアが誕生 文化

23日に開園 1.6倍に拡張

11月21日号

国交大臣賞の栄誉

キリン緑地

国交大臣賞の栄誉 社会

「今後の模範」と高評価

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク