鶴見区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

ひでしの「実績で勝負」㊹県政報告 真の共生社会へ盲ろう者支援が実現 公明党 鈴木 ひでし

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena

 関係する県民の皆さまとともに、実現に向け各方面で奔走してきた「神奈川県盲ろう者支援センター」が、9月27日、中区にある県横浜合同庁舎と藤沢市の県聴覚障害者福祉センター内に開設しました。

 当日は、設置のきっかけとなった「神奈川盲ろう者ゆりの会」の皆さまと喜びあいました。また一つ、実績という形でお役に立てたこと、うれしい限りであります。

孤立化している現状

 盲ろう者とは、視覚、聴覚の両方に障がいのある方のことです。各市町村を通じた県の調査では、県内には盲ろう者が528人いることがわかっています。そのうちの211人は、通訳や介助といった支援サービスを利用していないという実態も判明しました。

 これにより地域の中で孤立している現状が浮き彫りになり、相談体制の充実が急務でした。

新設を知事に訴え

 開設に奔走したきっかけは、「ゆりの会」の方々との交流でした。盲ろう者の方々にとって、コミュニケーションや情報収集、移動など、一人では困難なことが多いということ、健常者と同じように、生活の中で課題やニーズが異なることなどを伺いました。

 支援には様々なメニューが必要になりますが、これまでは受け入れ先が神奈川県聴覚障害者福祉センターしかないのが現状でした。

 それを受け私は、「真の共生社会の実現のためには、盲ろう者にも光が当たる施策も必要」と考え、昨年の第3回定例会において、黒岩祐治知事に支援センターの新設を訴えたのです。

 このとき黒岩知事は、2019年度中に設立すると答弁。今回、提言が実り実現しました。

全国で4例目

 盲ろう者に特化した支援窓口は県内初となります。全国でも東京、兵庫、鳥取に続く4例目です。

 センターでは専門の相談員が、話し手の手話を触って会話する「触手話」、盲ろう者の指を点字タイプライターのキーに見立てる「指点字」などで意思疎通をはかるそうです。

 これにより、盲ろう者の方々は、日常の困りごとの相談や、行政の支援サービスの紹介なども受けることが可能となりました。まさに、盲ろう者の皆さまの拠点が完成したと言っても過言ではありません。

 今後もさまざまな課題やニーズが生まれることと思いますが、私も関係者と県とのパイプ役を担いつつ、よりよい運営につながるよう全力で働いてまいります。

■神奈川県盲ろう者支援センター/開所時間=横浜合同庁舎=(火)〜(金)、県聴覚障害者福祉センター=(火)〜(土)・いずれも午前9時〜11時と午後1〜3時。面談は予約制。電話・【FAX】0466・90・5727又は【メール】moro-sodan@kanagawa-wad.jp

ゆりの会の三田前会長と喜びの握手
ゆりの会の三田前会長と喜びの握手

鈴木秀志

横浜市鶴見区豊岡町14-27

TEL:045-580-2830
FAX:045-580-2831

http://www.hideshi-suzuki.com/index.html

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

地域の問題”hot(ほっと)”かない

市政報告

地域の問題”hot(ほっと)”かない

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

1月9日号

プラチナ世代専用就業支援窓口を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」㊻

プラチナ世代専用就業支援窓口を実現

公明党 鈴木 ひでし

1月9日号

本年も責任ある議論を

市政報告太'sレポート99

本年も責任ある議論を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

1月1日号

ともに生きる鶴見へ

県政レポートNo.2

ともに生きる鶴見へ

神奈川県議会議員 ためや 義隆

1月1日号

カジノ誘致を止める歴史的な一年に

2020年  市政報告

カジノ誘致を止める歴史的な一年に

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

1月1日号

チーム鶴見の力!

防災・医療福祉・教育の先駆事例

チーム鶴見の力!

横浜市会議員 東みちよ(自民党)

1月1日号

危機管理に全力

意見広告

危機管理に全力

おこのぎ 八郎自民党神奈川県連会長衆議院議員

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク