鶴見区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

区内動物愛護団体 子ども向けに飼育冊子 “愛でる”知識学ぶ教材に

教育

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
林園子さんと冊子
林園子さんと冊子

 鶴見区を拠点とし、市内で動物愛護活動の支援をする一般社団法人動物愛護サポートがこのほど、「どうぶつを飼うということ」という冊子を発行した。今後、区内の保育園に配られ、希望があれば各家庭分も配布される予定。

 同法人は、横浜市動物適正飼育推進員の支援のために、3年ほど前に設立。不妊去勢手術や飼い主を探し、将来的に野良猫を無くす地域猫活動の援助、啓発活動などしている。

 冊子はA4サイズ見開きのカラー印刷。動物を飼う際の注意事項や、面倒を看られないのであれば飼わない選択肢があることを文字と可愛らしいイラストで表現している。

 昨年から子どもたちに動物愛護について学んでほしいと企画を検討。つながりのあった区内出身でデザイナーの林園子さん=人物風土記で紹介=に協力を依頼し、環境庁の動物愛護パンフレットを参考に冊子を制作した。

関心持って

 区内でも猫が増えすぎることで花壇を荒らす、住民間でトラブルが起きるなど影響があった。

 同法人の藤井喜美さんは、活動の中で、人によって関心の格差を感じ、人の考え方を変えなければ現状は変わらないと気付き、「若いころから動物愛護の知識を持っておくことで、他人ごとではなく自分のこととして考えてほしい」と話す。

 約千部発行され、すでに川崎市幸区内の保育園と、新鶴見はなかご保育園に配布されている。同園の甘竹志光園長は、「可愛らしく、園児たちにも読みやすいと評判。こういった教材はなかったので上手く活用したい」と喜ぶ。11月には区内の各保育園に配られ、今後は、市内全域への配布や、紙芝居などの制作も考えているという。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

朝ドラ契機 “鶴見力”発信へ

朝ドラ契機 “鶴見力”発信へ 社会

官民学一丸 実行委員会が設立

12月2日号

つくの商店街に「こども食堂」

つくの商店街に「こども食堂」 社会

喫茶ラズベリーが19日から

12月2日号

マスターズ日本記録更新

ザバス鶴見水泳4選手

マスターズ日本記録更新 スポーツ

4×200mフリーリレーで快挙

11月25日号

登録1万人を突破

患者情報共有「サルビアねっと」

登録1万人を突破 社会

施設数100超 神奈川区にも

11月25日号

白幡神社、地域で支えて

ふるさと寺尾実行委員会

白幡神社、地域で支えて コミュニティ文化

清掃・焼き芋企画に80人超

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook