鶴見区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

児童のデザイン皿ずらり 陶芸家・前田さん指導の作品完成

社会

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena

 子どもたちがデザインした色とりどりのお皿が、来庁者を出迎え=写真。

 今夏、北寺尾在住の陶芸家・前田正博さん指導のもと、陶磁器のデザイン体験をした児童ら約50人の作品が、10月9日から12日まで、鶴見区役所1階区民ホールに飾られ、訪れる区民らの目を楽しませた。

 前田さんは、東日本大震災以降、全国でワークショップを企画。今回、鶴見区と協力し、地元での初開催となった。

 磁器に何度も色を入れて焼く、色絵という技法で作品を生み出している前田さん。ワークショップでは、白い磁器にセロハンのような転写紙を何枚も重ねるデザイン体験を提供。夏休み中にあった企画で、子どもたちが想像力を働かせて制作したデザインが焼き上がり、このほど個性あふれる作品として展示された。

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見区 5年で1・2万人増

鶴見区 5年で1・2万人増 社会

国勢調査、市速報を発表

4月15日号

初の健康遊具

三ツ池公園

初の健康遊具 社会

背のばしベンチ2基設置

4月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 教育

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月15日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter