鶴見区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

区内5団体 振り込め対策に電話機 あすから貸出開始

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
左から鶴見区役所の森健二区長、鶴見区防犯協会の小山和雄会長、鶴見警察の須藤正彦署長、鶴見区自治連合会の福士昌義防犯部長、鶴見区暴力団排除推進協議会の小澤稔副会長
左から鶴見区役所の森健二区長、鶴見区防犯協会の小山和雄会長、鶴見警察の須藤正彦署長、鶴見区自治連合会の福士昌義防犯部長、鶴見区暴力団排除推進協議会の小澤稔副会長

 被害が止まらない振り込め詐欺を含む特殊詐欺を防ごうと、鶴見区役所と鶴見警察署は、区内3団体と協力し、迷惑電話防止機能付き電話機を無償で鶴見区民に貸し出す取組を開始する。貸し出しは先着順で、あす11月1日から申込を受け付ける。

 迷惑電話防止機能付き電話機とは、電話がかかってきた際、呼び出し音が鳴る前に「この通話内容を録音します」という旨の警告と自動録音が行われるもの。神奈川県警察によると、7月19日までで電話機設置後の被害者はいないという。

 貸出は1年間を予定。対象は鶴見区在住の高齢者。自身で電話機を受け取り、設置ができ、使用の感想などアンケートに答えることが条件となる。

 協力したのは鶴見区自治連合会、鶴見区防犯協会、鶴見区暴力団排除推進協議会の3団体。昨年、区内での被害額は約2億1千700万円と、一昨年から連続で2億円を超える状況が続いていることから、区役所、警察と互いに連携し、電話機91台を購入した。

1万人パトで目録

 10月11日には鶴見区民1万人パトロール出発式が行われ、電話機の目録が貸出窓口となる鶴見警察署に送られた。

 同署の生活安全課の宇井佑仁課長は、「詐欺被害を知る人は多いが、自分のこととして考えていない。犯人と直接話さない機械の設置は効果的。近所にも声を掛けて」と呼びかけた。そのほか、区内在住の和出仁さんが、長谷川崇さんとコンビを組む、お笑い芸人のキラーコンテンツによる防犯寸劇などもあった。

 貸出の申込・詳細については、鶴見警察署防犯係【電話】045・504・0110(内線261〜264番)。

鶴見区版のトップニュース最新6

児童虐待防ぐ、啓発企画

児童虐待防ぐ、啓発企画 社会

有志区民ら“オレンジ”広める

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

無事の証に黄色いカード

豊岡第三

無事の証に黄色いカード 社会

災害時の共助推進へ

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

食ロス削減機運高まる

協力団体を募集

食ロス削減機運高まる 社会

 食品回収場所が増加

10月15日号

分散、密回避で開催へ

生麦de事件まつり

分散、密回避で開催へ 社会

工夫重ね、60店が参加

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク