鶴見区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

横浜北西線 工事順調、来年3月開通へ バイパス渋滞改善も期待

経済

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
公開された青葉ジャンクション付近の様子
公開された青葉ジャンクション付近の様子

 首都高速道路(株)と横浜市が共同で事業を進め、2020年3月の開通が発表された「横浜北西(ほくせい)線」で10月9日、工事現場が報道陣に公開された。開通により市北西部と横浜都心・湾岸エリアのアクセス性向上だけでなく、保土ヶ谷バイパスの渋滞改善も見込まれるなど、市全体への波及効果も期待されている。

 横浜北西線は、17年3月に開通した横浜北線と直結し、東名高速道路と第三京浜道路を結ぶ延長約7・1Kmの自動車専用道路。北西線の開通により、東名高速道路から横浜港までがつながり、市内外ネットワーク強化による国際競争力やアクセス性の向上、物流効率化、そして保土ヶ谷バイパスの交通渋滞改善などの整備効果が期待されている。

 アクセス性向上では、東名高速から保土ヶ谷バイパスを経由して横浜港に向かう場合、これまで約40分から約60分かかっていたものが、北西線だと約20分に大幅短縮される。市道路局は「北西線・北線利用の場合は渋滞が少ないので、定時制も担保される」と語る。

 保土ヶ谷バイパスの渋滞改善について首都高速道路(株)では1日約7千台の車両がバイパスから北西線に転換すると試算。平日昼間12時間の交通量が10万台以上で一般道路としては交通量全国1位の保土ヶ谷バイパスの渋滞改善は、沿線地域の生活環境の改善にもつながると期待されている。

前倒し効果600億円

 北西線建設の総事業費は約2586億円。05年に概略計画が策定され、都市計画決定されたのが11年。当初は22年の開通を予定していたが、東京オリンピック・パラリンピックまでの開通をめざして約2年前倒しした。市はこの前倒しにより、約600億円の経済効果があると試算している。

 延長約7・1Kmのうち、約4・1Kmがトンネル構造で、現在工事は橋梁やトンネルなどが概ね完成し、料金所などの整備工事が本格化している。市道路局では「港と東名高速が直結する経済効果は計り知れず、市民生活への効果も大きい。ぜひ開通を楽しみにしてもらえたら」と話している。

鶴見区版のトップニュース最新6

2年連続市内ワーストに

鶴見区内火災件数

2年連続市内ワーストに 社会

昨年概況まとまる

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

鶴見図書館が40歳

鶴見図書館が40歳 社会

地域に支えられ節目

1月16日号

全世代が安心、元気なまちへ

区長インタビュー

全世代が安心、元気なまちへ 社会

課題の多様化 協働カギに

1月9日号

バリアフリー地図を製作

末吉中

バリアフリー地図を製作 社会

五輪パラ向け NTTに協力

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク