鶴見区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

鶴見警察 シナリオ考案 不審者訓練に依頼増 内容伏せ本番 実際学ぶ

社会

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
刃物を持つ犯人を抑え込む先生役ら
刃物を持つ犯人を抑え込む先生役ら

 鶴見警察署協力のもと、犯人像や侵入経路などを伏せた形で行う不審者対策訓練が10月29日、末吉いづみ保育園(酒井利恵子園長)で行われた。参加者からは、「全然動けなかった」「実際に起こりそうな想定」と訓練の重要性についての声が上がった。

 同園では3度目となる訓練。内容は警察が考案し、犯人の人数や性別、人物像や想定など全て伏せた状態で本格的に行われた。

 当日は、2回実施。使用する部屋のみ決められ、教職員らは先生役、園児役に分かれた。

 犯人役は男性一人。1回目はリストラになり、「弱い者を殺そう」とフェンスをよじ登って侵入してきた人物を想定。2回目は、離婚協議中で親権を取られそうな父親が「子どもに会わせてくれ」と土足でのりこむ状況を演出。両犯人とも刃物を持ち、2回目は自殺を図る場面もあった。

 講評では、110番した際に慌てないよう住所を覚えておくことや、刺又は数本で使うべきなど注意を促した。一方で、一人目の先生役が犯人役に対応した後、2、3人目が素早く近寄ったことや、自殺を試みた犯人に対する迅速な手当などは高評価だった。

 また、訓練前の入園時、署員が手帳を見せていないにも関わらず園内に入れたことなどを挙げ「警戒心の薄さ」を指摘していた。酒井園長は「こういった本番さながらの訓練はいざという時の為に必要」と話した。

保育園で19件

 5月に川崎市で発生した児童殺傷事件の影響もあり、保育園での訓練要望が増加しているという。今年、同署が区内の保育園で行った訓練は19件で、今後も6回を予定。保育園のほか、大型商業施設や学校などでも実施されている。署員は「確率は低いかもしれないが事件は起きている。一度でもやっておくと違う」と呼びかけた。
 

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

利用者の居場所を開設

末吉介護事業所団体

利用者の居場所を開設 社会

”顔の見える”地域へ

12月5日号

時代切り開き50年

鶴視協

時代切り開き50年 社会

生きやすい社会へ尽力

12月5日号

第8分団、東芝が最優秀

横浜市消防大会

第8分団、東芝が最優秀 社会

小型ポンプで初のアベック

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

「生麦事件」テーマに新企画

「生麦事件」テーマに新企画 社会

地元商店街 旧東海道とも連携

11月21日号

古民家エリアが誕生

馬場花木園

古民家エリアが誕生 文化

23日に開園 1.6倍に拡張

11月21日号

国交大臣賞の栄誉

キリン緑地

国交大臣賞の栄誉 社会

「今後の模範」と高評価

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク