鶴見区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

横浜市消防大会 第8分団、東芝が最優秀 小型ポンプで初のアベック

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
活躍した鶴見消防団
活躍した鶴見消防団

 鶴見区代表として横浜市の訓練会に出場した、鶴見消防団第8分団と、東芝エネルギーシステムズ(株)京浜事業所=末広町=の自衛消防隊第1分隊が、小型ポンプ操法の部で史上初となるアベック優勝を飾った。

 消防団は、まちの消防組織として、区民らによって構成される。鶴見には8個団ある。

 操法大会は、技術の正確性やスピードを競うもの。両者とも、可搬式小型ポンプを使い、想定した模擬の出火場所に対しての放水までのタイムや、行動順序などを競う小型ポンプ操法の部にエントリーしていた。

 16日にあった市大会には、9月の区予選を突破した北寺尾や獅子ヶ谷、馬場などを管轄する第8分団が出場。市内20消防団の代表の中で実力を発揮した。市での最優秀は4大会ぶり。同分団は市代表として、来年行われる県大会へ駒を進めた。

 瀧川政美副分団長は「県で優勝を目標に、春先から準備を重ねてきた。まだ道半ば、引き締めて来年がんばりたい」と意気込みを語った。

 自衛消防隊は、事業所内に置かれる社員による消防組織。市訓練会は19日に行われ、各区から選抜された全44隊が3部門で技術を競った。

 区内からは、屋内消火栓操法I(女性編成)にキリンビール(株)横浜工場、屋内消火栓操法II(男女混成)に横浜資源循環局鶴見工場、小型ポンプ操法に東芝エネが出場。キリンと資源循環局は優良賞だった。

出場した自衛消防隊
出場した自衛消防隊

鶴見区版のトップニュース最新6

2年連続市内ワーストに

鶴見区内火災件数

2年連続市内ワーストに 社会

昨年概況まとまる

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

鶴見図書館が40歳

鶴見図書館が40歳 社会

地域に支えられ節目

1月16日号

全世代が安心、元気なまちへ

区長インタビュー

全世代が安心、元気なまちへ 社会

課題の多様化 協働カギに

1月9日号

バリアフリー地図を製作

末吉中

バリアフリー地図を製作 社会

五輪パラ向け NTTに協力

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク