鶴見区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

国際交流ラウンジの館長を務める 日下 晋輔さん 鶴見中央在勤 48歳

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

国を越え”多”に寄り添う

 ○…多文化共生のまちづくりを進める拠点となるラウンジの館長に就任し、3カ月。「こんなに多文化で面白い街だとは、驚いた」と鶴見の印象を語る。「様々な国のスタッフが、自国からお土産にお茶を買ってきてくれて楽しみなんです」と笑顔を見せる。

 ○…中学時代の担任の影響で、持った夢は教師だった。「叱ってもすぐ元に戻る。後腐れない、人間味のある先生で」。海外にも興味があり、学生時代は30カ国以上を巡った。危ない、貧しいイメージだったフィリピン。「確かに貧しいが、皆夢を持ち、目が輝いていた」。価値観が崩壊し、自身の夢の先を考えた。「皆を基準に、皆に

寄り添う教師になりたい」。富山の高校で教師として勤めた後、シンガポールの日本人学校で教えた。常に生徒と触れ合い、職員室に戻ることはほぼなかった。「なぜ昼食はクラスでとるのか」という生徒の意見を尊重し、学校全体で昼食をとる輪を作った。「生徒を形式で押さえつけたくなかった」

 ○…「今までは子ども皆のためだったが今度はわが子のためにと思って」。帰国後、妻が妊娠したことをきっかけに退職。ラウンジには母体・市国際交流協会のセミナーに通っていた縁もあって就職した。「年に2回は海外へ行き多文化の料理に触れる。できるだけ子どもたちの中にある国の壁はなくしたい」

 ○…利用者の中には、中学3年生で来日し、ラウンジで学び、市の職員になる中国人がいる。「同郷の人が一番頼りになる。こういう芽を育てたい」。人材育成の拠点にもなるラウンジ。まだまだ知られていないと感じることも多い。「まずは来て、面白さを感じてほしい」。多文化の魅力を知る先生が、共生の道筋を作っていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月10日号

山崎 匠さん

全国規模の賞を受賞した串焼き居酒屋楽匠=鶴見中央=のオーナー

山崎 匠さん

潮田町在住 41歳

6月3日号

笹方 未祐花(みゅうか)さん

ボランティア団体「はぐみー」の代表を務める

笹方 未祐花(みゅうか)さん

汐入町在住 19歳

5月27日号

桑島 秀一さん

県立鶴見高校同窓会の会長を務める

桑島 秀一さん

相模原市在住 67歳

5月20日号

小島 順一さん

潮田地区センターの館長として、まちづくりなどに尽力する

小島 順一さん

本町通在勤 62歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter