鶴見区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

首里城復興へ 募金リレー 沖縄県人会 支援呼びかけ

社会

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
区役所に募金箱=下=を設置した県人会の並里さん=上右=と下里さん
区役所に募金箱=下=を設置した県人会の並里さん=上右=と下里さん

 横浜鶴見沖縄県人会(金城京一会長)が6日、火災により焼失した沖縄県・首里城の復興を支援するため、募金リレーをスタートさせた。

 首里城被災後、会員内で募金を集めていたという同会。鶴見区の森健二区長をはじめ、周囲から激励や支援の名乗りがあったこともあり、今回の取組にいたった。

 賛同してくれる区内のイベントなどに出張して募金箱を設置し、リレー形式で支援の輪を鶴見全体に広げていく考えだ。

 そのほかにも鶴見区役所1階総合受付に常設。今後、設置店舗や施設、イベントを募りながら、可能な範囲で集めていくという。

戦前から縁

 鶴見と沖縄の縁は戦前から始まり、多くは京浜工業地帯が隆盛のころに移住。潮田・仲通りを中心に沖縄タウンが広がり、現在はウチナー祭が人気を博すなど、鶴見独特の文化に発展している。

 幹事長の並里典仁さんは、県人会館にある首里城のパネルに触れ、「見るたびに胸が苦しくなる」と目を潤ませる。青年部の下里優太さんは「改めてシンボルだったと気づかされた。鶴見区など、皆さんの協力で募金が始められたことに感謝したい」と話した。

 募金は3月末まで実施。4月中旬に、つるみ応援団として参加する沖縄国際映画祭で持参する予定だ。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter