鶴見区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

(PR)

インプラント 「患者様の納得と笑顔」大切に26年 かず歯科医院、鈴木院長に聞く

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

 インプラント治療を考えるとき、何を重視すべきか――。東急東横線・大倉山駅前にある「かず歯科医院」の鈴木和夫院長に聞いた。

 インプラントは顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、人工の歯を被せる治療法。手術が伴い、アフターケアも大切な治療のため、鈴木院長が強調するのは「納得いく説明を受け、経験豊かな医院で治療を受けること」の重要性。事前カウンセリング等に基づく「患者様との信頼関係」を重視する同院では、ホームページ上でも医院選びのポイントや多くの症例、費用、設備、保証等について発信しており、メリットだけでなくリスクにも触れている。「長い人生、多くの患者様に笑顔で過ごしてもらいたいから」

6000本超の実績

 鈴木院長は神奈川歯科大を卒業し、医局員として東京女子医科大学口腔外科に勤務。10年以上勤めた都内インプラントセンターでは、センター長も歴任した。これまで25年間にわたるインプラント治療で手がけた実績は6000本を超す(1994年〜現在)。

専用オペ室も完備

 院内整備にも力を入れ、歯科用CT、治療室とは別のインプラント専用オペ室(クリーンルーム)も設置。また、万が一に備え、インプラント10年間保証も導入する。

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

高齢者の「もしも」を守る

地域密着

高齢者の「もしも」を守る

鶴見区内で見守りサービス開始

1月21日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.6「ご不安にお応えします」

1月21日号

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク