鶴見区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

2020年  市政報告 カジノ誘致を止める歴史的な一年に 日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年夏に突如、今までの「カジノは白紙」をひるがえして、積極的にカジノ誘致を推進しようとしている林市長。それに対して、多くの市民の皆さんが「カジノはいらない」の声をあげています。今まで自民党や市長に一票を投じてきた方でも「カジノはだめだよね」と言ってくださる方は本当に多いです。

STOPカジノロードマップ

 私は何とかしてカジノ誘致は止めたいと強く思います。市民の皆さんから付託を受けた市会議員として全身全霊かけて市長に切り込むような質問を続けてきました。

 そしてカジノ誘致を止めるためにどうするか。まず市民の意見を聞く機会を持つべきだと思います。そのためには誘致の是非を問う住民投票の実施を市民が市長に求めるべきだと思います。

 住民投票条例は、法定の署名数が集まれば市長が拒否することはできず、議会で議決することになります。運動を進める市民団体は、受任者目標5万人を早期に達成させ次第、本署名を実施するとしています。

 そして市長が招集する議会で実施の是非が決められます。その際、目標として法定得票を大幅に超える50万筆という署名を集め市長・議会を揺り動かす。こうして住民投票が実施されれば、そのこと自体が画期的な出来事です。

 しかしそれを議会が否決するような事態になれば、次は市長のリコールです。市長リコールを進める市民団体によれば署名期間は7月8月と聞いています。住民投票条例の制定運動に参加された多くの市民が、この運動の新たな担い手として協力していただけるように手を尽くすことが、私たちに課せられた重要な役割となります。

 リコール成立に必要な50万筆の署名を集めると、その先に「市長の解職に賛成か反対か」の住民投票が行われます。その住民投票で市長解職が賛成多数になれば、市長は失職です。

 そして最後が2021年夏の市長選挙です。その選挙で勝つには、カジノ誘致反対の市民・団体・政党が一丸となることが必要です。そうしてカジノ誘致市長候補に勝てば、横浜へのカジノ誘致が止まります。また市長が変われば、カジノ以外の遅れた市民向け施策が前に進む可能性が広がります。

歴史的な一年に

 困難な道であることは確かですが、私は未来の子どもたちが住む横浜に、カジノを残したくはありません。何としてもカジノ誘致を止めたい。今年はそんな歴史的な一年にしたいと思います。カジノを止めるために、力をお貸しください。

古谷やすひこ

横浜市鶴見区矢向1-20-50

TEL:045-504-5121

http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

心に寄り添う子ども家庭110番

児童虐待防止にLINE相談開始 市政報告みちよレポ【5】

心に寄り添う子ども家庭110番

横浜市会議員(自民党)東みちよ

9月17日号

県障がい者スポーツ協会の設立を実現―開設・始動へ

県政報告ひでしの「実績で勝負」 52

県障がい者スポーツ協会の設立を実現―開設・始動へ

公明党 鈴木 ひでし

9月10日号

大都市の財源確保を

市政報告太'sレポート 107

大都市の財源確保を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

8月27日号

デリバリー給食の充実を

市政報告太'sレポート 106

デリバリー給食の充実を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

7月30日号

『真夏の授業』がやってくる子ども達を熱中症から守れ

令和2年度 ⅤOL3 山田かずまさ市政報告

『真夏の授業』がやってくる子ども達を熱中症から守れ

7月23日号

皆さんの声、思いを知事に

県政レポートNo.4

皆さんの声、思いを知事に

神奈川県議会議員 ためや 義隆

7月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク