鶴見区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

ショートタイムテレワーク 市、民間企業で実証実験 女性の就労機会を創出へ

社会

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena
画面上で会話する女性(写真提供=横浜市)
画面上で会話する女性(写真提供=横浜市)

 女性活躍支援に取り組む横浜市はこのほど、パソコンなどのICT(情報通信技術)を活用した新しい働き方「ショートタイムテレワーク」を新たに市内企業で始める。子育てなどで離職した女性が就労に向けた第一歩を踏み出せる機会を創出する。

 「ショートタイムテレワーク」とは、育児などの理由により、働く意欲があっても長時間勤務や通勤が困難な人を対象に、ICTを活用して自宅やコワーキングスペースで短時間就業できる仕組み。

9割「働きたい」

 市の調査によると、現在収入を伴う仕事をしていない20〜49歳の女性のうち、9割近くが「仕事に就きたい」と回答している。全国的に人材不足が叫ばれるなか、国から「SDGs未来都市」に選定されている市は2019年1月、ソフトバンク(株)と包括連携協定を締結し、女性の活躍支援や超高齢化などのまちづくりの課題解決に連携して取り組んできた。

 今回の実証実験はこの包括協定の一環。先駆的なテレワークを推進している「向洋電機土木(株)」=南区=の協力を得て、子育て世代の女性など2、3人のテレワーカーが週8時間程度、WISE Living Labを拠点に次世代郊外まちづくりを進めている「たまプラーザ駅北側地区」=青葉区=で働く。

 業務は資料作成やデータ入力などを想定。パソコンなどの通信機器を通じて画面上で会話するほか、メールなどでやり取りしながら仕事を進める予定だ。建設業界の働き方をテレワークの導入で一新してきた同社の横澤昌典広報部長は「移動コストとクライシスコストの削減が期待できる。メンタル不全や離職防止の対策としても有効だ」とメリットを話し、中小企業で実現するためには「目標設定と、それらを推進させる旗振り役が必要」と述べた。

 市の担当者は「この取組を通じて、離職した女性が就労に向けた第一歩を踏み出せる機会を創したい」と話し、さらなるショートタイムテレワークの普及を図る方針だ。

鶴見区版のトップニュース最新6

市優秀教育実践校で表彰

鶴見小学校

市優秀教育実践校で表彰 教育

入学時からの学習に評価

4月9日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

来春、10〜12%増見込み

4月9日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 経済

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

鶴見消防団に大臣感謝状

鶴見消防団に大臣感謝状 社会

団員大幅増が評価

4月2日号

鶴見中央に“まちのリビング”

鶴見中央に“まちのリビング” 社会

市民整備 4月1日から

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク