鶴見区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

自分の”得意”で働く 末吉の生協 障害者が活躍

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
仕事を説明する河合さん
仕事を説明する河合さん

 生活協同組合ユーコープミアクチーナ末吉店に勤務する障害者の河合大輔さんが活躍中だ。

初仕事で能力発揮

 河合さんはこれまで就労移行支援施設などに通い、約半年前から同社で商品の品出しなどの仕事を始めた。働いたことはなく、初めての職場だったが、店長からは「周囲への配慮ができ、自分から職場に溶け込もうとしている」と評価は高い。

 最近では、緊張しやすい店内放送やお客さんから商品の場所を聞かれた時の受け答えまでこなす。「分からないことは聞くようにしている。挨拶は大切。返してもらえると嬉しい」と河合さん。他のパートと一緒に帰るなど、自分から積極的に働く環境を作る。

後輩へアドバイスも

 もともと軽作業は苦手。ミスも多く、就職は難しいと思っていた。しかし、身体を動かすことは好きで、動き回るこの作業は向いていた。

 1月28日には、河合さんも通っていた就労移行支援事業所・港風舎=港北区=の利用者が学びに訪れた。

 店内を回って仕事を紹介した後、利用者の質問に回答。どんな仕事をすべきか悩んでいた利用者に対し「自分の興味のあることや得意を見つけてほしい」とアドバイスを送った。

鶴見区版のローカルニュース最新6

最期の別れに”安心”を

最期の別れに”安心”を 経済

斎場や寺 変わる葬儀

7月2日号

フェイスシールドを寄贈

鶴見北RC

フェイスシールドを寄贈 社会

コロナ対策 三師会に480枚

7月2日号

花木園のハスが見頃

花木園のハスが見頃 文化

7月上旬に観賞会

7月2日号

子どもの支援団体募集

唐松選手(区内在住)、世界へ

現役東大生フットボーラー

唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

運動は苦手―変えたアメフト

7月2日号

鶴見中央に児童福祉施設

鶴見中央に児童福祉施設 社会

相談や支援の受け皿に

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク