鶴見区版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

市政報告 いよいよ中学校給食の実施へ 日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena

市長の実施表明は初

 林文子市長は、2月21日の横浜市会本会議で、「デリバリー(配達弁当)給食の要望は高い。令和3年度からの実施を視野に学校給食法に位置づけたハマ弁にする」と表明しました。市長による給食の実施表明は初めてです。

市民が市政を動かした

 自民党からも配達弁当とはいえ、給食実施を求める声が発せられたのは初めてです。市民が市政を動かしたたことは間違いありません。

 ハマ弁が給食になると、献立と食材調達、アレルギー対応、衛生管理に教育委員会が責任を持つことになり、就学援助の家庭は無償で提供を受けることができます。

弁当給食の要望高い?

 市長は、教育委員会が実施した生徒・保護者を対象にしたアンケートで、注文式配達弁当のハマ弁を給食に位置づけた場合、保護者の約7割が週5回〜月1回程度利用したいと答えたことを理由にしています。しかし、アンケートでは、様々ある給食実施の方法は示していません。

 配達弁当給食は、低コスト等を理由に導入されていますが、全国的に生徒に不評で、大阪市や奈良市などの多くの実施自治体が次々と学校調理方式に切り替えています。

全国で広がる学校調理方式

 日本共産党は、全国の優れた実践を調査し、市議会で実施を求めてきました。市長や教育委員会は、学校調理給食は「調理室を設置するスペースがない」「莫大な費用がかかる」などを理由に拒んできました。しかし、他都市では知恵と工夫を凝らして実施しています。横浜市では、現在、中学校147校中64校で給食室設置が可能です。(教育委員会調べ)

 さいたま市のように給食室を二階建てにすれば更に実施できる学校は増えるはずです。近隣の小学校の調理室を活用する親子方式もあります。新市庁舎建設に1千億円など大型開発に多額の市費を投じておいて、中学校給食に充てるお金がないは通じません。保護者・生徒・市民のみなさんが望む中学校給食の実現に向け力を尽くします。

古谷やすひこ

横浜市鶴見区矢向1-20-50

TEL:045-504-5121

http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

円滑な定額給付金支給を

市政報告太'sレポート 104

円滑な定額給付金支給を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

5月28日号

拡大防止協力金の申請受付中

緊急のお知らせ ぜひご活用ください 県政報告ひでしの「実績で勝負」㊾

拡大防止協力金の申請受付中

公明党 鈴木 ひでし

5月21日号

暮らしを守り、街を守る

中小・個人事業の支援策 市政報告みちよレポ【3】

暮らしを守り、街を守る

横浜市会議員(自民党) 東みちよ

5月21日号

子どもたちに胸を張れる大人で、社会であるように

令和2年度 ⅤOL2 山田かずまさ市政報告

子どもたちに胸を張れる大人で、社会であるように

5月14日号

大事なのは『あと少しの想像力』危機を乗り越えよう

令和2年度 ⅤOL1 山田かずまさ市政報告

大事なのは『あと少しの想像力』危機を乗り越えよう

4月16日号

危機を乗り越え、羽ばたこう!

この春、卒業した子どもたちへ 市政報告みちよレポ【2】

危機を乗り越え、羽ばたこう!

横浜市会議員(自民党) 東みちよ

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク