鶴見区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

鶴見消防団に大臣感謝状 団員大幅増が評価

社会

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を手にする香取団長
感謝状を手にする香取団長

 大幅な団員増加により地域防災力の向上に貢献したとして、鶴見消防団(香取正彦団長)が先ごろ、総務大臣感謝状を贈呈された。香取団長は「喜びとともに身が引き締まる。一層安心・安全のため頑張る」と話す。

 総務省は全国的な消防団員数減少を踏まえ、2013年度から団員数を相当数増員させた全国約2200の消防団に対し感謝状を贈っている。今回は、女性や学生を含め団員を相当数増加させた全国43団が選ばれた。

 鶴見消防団は18年4月から19年3月までに117人が入団し、充足率100%を達成。同期間では横浜市内20団中、最多増員だったことなどが評価された。

15年ぶりの100%

 消防団の定員は、管轄地域の面積などを考慮して条例で定められる。鶴見の定員は550人で、充足率100%は15年ぶりだった。

 18年からの一年間は、市内全体で100%を目ざしており、鶴見でも各団員が勧誘活動を展開。家族や知人から、区内事業所などに地道な依頼を続け、達成していた。

コロナの影も勧誘に力

 今年は、4年の任期となる一定の役職以上が改選期となるため、70歳の定年を迎える団員が例年より増加。退団者が多く、4月1日現在、42人不足の508人・充足率92・3%となっている。

 香取団長は「色々な人たちに支えられたおかげで評価された。もう一度気を引き締めて、勧誘活動を進めたい」と意気込む。一方、新型コロナウイルスの影響で、例年PRの機会にもなっているイベントなどが中止となっており、「対面でPRする場がない」と現状を憂慮。ホームページへの誘導を検討するなどしているという。

 また、昨年市の消防操法大会で最優秀を受賞した第8分団が、7月の県大会に出場を予定しており、「活躍することでPRになれば」と話した。

鶴見区版のトップニュース最新6

"おむつ自販"で子育て支援

"おむつ自販"で子育て支援 社会

(株)木曽屋 出産祝う取組に賛同

6月4日号

矢向小が建て替えへ

矢向小が建て替えへ 教育

26年度に竣工予定

6月4日号

校舎窓に手作りエール

鶴見小学校

校舎窓に手作りエール 教育

休校中にもつながりを

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

アマビエグルメで疫病退散

アマビエグルメで疫病退散 文化

区内女将ら 限定販売

5月21日号

外国人世帯に食糧品配布

ABCジャパン

外国人世帯に食糧品配布 社会

コロナ禍で解雇なども

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク