鶴見区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

子育てタクシー協会 ドライバーを養成中 需要安定 認定2千人

教育

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena
妊婦役を案内するドライバー役
妊婦役を案内するドライバー役

 全国子育てタクシー協会が主催する「子育てタクシードライバー養成講座」が3月25日、(一社)神奈川県タクシー協会=中区=であった。

 子育てタクシーとは、同協会の養成講座を修了したドライバーが乗務する子どもや妊婦に優しいタクシー。乳幼児を連れた外出サポートや、陣痛時のスムーズな送迎などを提供する。現在、全国約180社が加盟し、認定ドライバーは約2千人。県内の利用登録者数は約1万6千人に上る。

妊婦の負担など実感

 当日は東宝タクシー(株)=鶴見区=、神奈川都市交通(株)=西区=、湘南交通(株)=港南区=、逗子菊池タクシー(株)、日の丸交通(株)=東京都=から20人ほどが参加。子育て支援のNPO法人や看護師などが講師を務め、子育て支援の課題や、視野が体験できるメガネを使って子どもの特徴を学んだ。

 体験講座では、三人一組で妊婦役、子ども役、ドライバー役に分かれ、案内の訓練を実施。妊婦の状態が体験できるジャケットを着用するなど、なりきりながら、子育て中の負担を実感した。

 妊婦ジャケットを着用したドライバーは、「タクシーに乗り込む際に、中腰になるのがきつい」「こんなに重いとは思わなかった。手伝ってくれる人がいないと大変」と驚いた様子だった。

 同協会の大野慶太会長は「タクシーの家庭利用は景気に左右され辛く、子育て世帯の負担感、孤独感を支援する社会的意義もある」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

希望の花火、鶴見でも

【Web限定記事】横浜市鶴見区

希望の花火、鶴見でも 社会

コロナ収束願う一斉企画 總持寺が会場に

6月4日号

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

フェイスシールドで支援

【Web限定記事】横浜市鶴見区

フェイスシールドで支援 社会

区内NPO 医療機関にフレーム提供

6月4日号

オンライン上で写真展

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンライン上で写真展 文化

サルビアホール 作品募集中 

6月4日号

美味しい鮮魚もドライブスルー

所属委員会が決定

県議会

所属委員会が決定 政治

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク