鶴見区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

昼食で一人親を支援 楽匠 顧客に恩返し

経済

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
山崎さんと当日のメニュー
山崎さんと当日のメニュー

 新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請で収入減などに苦しむ一人親家庭を対象に、テイクアウトの昼食を無料で提供する取組を市内飲食店5店舗が開始した。5月10日には、区内の串焼き居酒屋・楽匠(山崎匠オーナー)=鶴見中央=が特別メニューを提供した。

 取組は、横浜ハッピーテイクアウトプロジェクトと題して企画された。各店舗が20食限定で一人親家庭に独自メニューを無料で提供。予約を事前に受け付け、決まった時間に店舗で渡す。

 楽匠は、外食を控える動きがでてきた3月頃からテイクアウトを開始。緊急事態宣言後は、時短で営業するも客足は伸びず、4月中旬から居酒屋は休業し、テイクアウトのみで営業していた。

 苦しい現状に悩む中、企画を発起した洋食店「KUBOTA食堂」=神奈川区=から話を聞き、「顧客への恩返しの気持ちで、より厳しい状況にある人たちを支援したい」という趣旨に賛同し、実施に至った。

子ども喜ぶメニュー

 提供されたのは、そぼろ丼にから揚げをのせた特別メニュー。「嫌いな子が少ないかなと思って」と山崎さん。当日は、6組が訪れた。来店した親などは、「こういった取り組みがあると助かる。ありがとう」と喜んだ様子だった。

 山崎さんは、「大きなことはできないけれど、何か力になれればと思った。喜んでもらえて嬉しかったし、必要性を感じた」と話し、「今後も可能な範囲で実施していければ」とした。

鶴見区版のトップニュース最新6

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

地域サイトを開設

横浜商大・鶴見区

地域サイトを開設 社会

情報発信、交流の場に

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

黒板アートで特別賞

聖ヨゼフ高生

黒板アートで特別賞 文化

初出場 想像の景色形に

11月12日号

飾り獅子が完成

潮田神社

飾り獅子が完成 文化

鎮座100年記念 県下最大級

11月5日号

防災備蓄庫、拠点内に増設

豊岡地区連合会

防災備蓄庫、拠点内に増設 社会

豊小が協力 補助金活用

11月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク