鶴見区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市鶴見区 手探りの新たな”営業様式”始まる 生活へ――自主休業店舗も再開の動き

経済

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
ゴーグルや手袋を着用し施術後のマッサージを行う松野洋一さん
ゴーグルや手袋を着用し施術後のマッサージを行う松野洋一さん

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的に、政府による緊急事態宣言が発出されてから1カ月半、自主的に休業してきた店舗も、「生活のため」「未来のため」と再開する動きが見え始めている。誰もが経験なく、正解のない状況に、店主らの模索する日々がスタートしている。

売上8割減も我慢

 鶴見中央にある寿司料理・鈴よし(鈴木吉太郎代表)は、5月18日に営業を再開した。休業したのは4月7日の宣言後、12日から。飲食店は時短営業の要請だったが、「年配の常連さんも多い。万が一、お客さんや従業員、その家族が感染したらと怖さがあった」として、安全面を理由に自主休業を決めた。当初は5月初旬の大型連休明けに再開する準備をしていたが、宣言とともに休業も延長を余儀なくされた。

 自粛期間中、テイクアウトを始める飲食店が増え、周辺でも盛り上がる様子は知っていたが、「やはり生ものだから難しい。食中毒など、何かあったら」と考えた末に断念した。

 座敷や個室を持つ鈴よしは、例年歓送迎会などある3月、4月は一年でも書き入れ時。コロナウイルスが広がり始めた3月から予約のキャンセルが続き、売上は前年比で8割減となった。

生活考え、共存の覚悟

 それでも従業員7人、アルバイトも抱え、自分たちの生活もある。

 「みんなの生活を考えたら、もう我慢できなかった」。緊急事態宣言が続く神奈川県内において、再開は苦渋の決断だった。

 再開当日、ランチには20人ほどが来店。入口を開放し、消毒液を設置。席にも消毒用のタオルを置くなど対策をしながらのリスタートとなった。「有難いことに常連さんなどに来てもらっている」と謝意を示しながら、「コロナが終息しなければ、いつまでも続かない」と鈴木さん。閉めていても、開けていても厳しい状況だが、「やっていくしかない」。覚悟を決め、コロナと共存しながら我慢する日々を歩んでいく。

対象外も安全優先

 「コロナ禍でも営業できる対策が準備できた」。そうした理由で再開した店舗もある。生麦にある理容店・ハッピーバーバーマツノ(松野洋一代表)だ。4月8日以降、自主休業に入り、5月20日、1カ月半ぶりに営業を再開した。

 もともと、日本衛生管理協会の衛生管理講習を修了し、衛生面の対策は取ってきた同店。だが、HIVやB型肝炎などが主で、新型とされた今回のコロナウイルスは未知のものだった。同店3代目の松野良明さんは、「衛生管理をしているからこそ、勉強すればするほど、対応の難しさがわかった」と説明。業種として休業要請の対象外だったが、来店客、そして家族を守るため、自主的に休業を決断した。

対策を保健所にも確認

 「未来のために耐えしのいだ1カ月」。4月は6日間のみの営業、5月も半分以上を休業し、売上は8割減った。それでも、この間、再開のための準備に奔走。「政府が(休業要請に)指定しなかったからといって、かからないわけじゃない」。飲食店よりも接客距離が近くなる分、高くなるリスクを少しでも減らしたい思いだった。

 そして用意したのは、3台あるカット台を2台に制限し、来店者にはマスクを一枚配布。理容の専売特許となる顔剃りも当面の間、取りやめを決めた。スタッフは接客中、マスクにゴーグル、ゴム手袋を着用。2週間の自宅待機が必要となる濃厚接触者にならないように、保健所にも対策法を確認してもらう徹底ぶりだ。

 再開を知らせた常連客からは、「待ってました」と喜びの声が寄せられたという。常連の一人は、「日常が少し戻ったようでホッとする。客としても、対策してもらえるのは安心」と話した。

 「祖父の代から70年続いた伝統をこれからも守らないといけない」と松野さん。対策を積んでも見えざる敵のリスクはゼロにはならない。新たな営業様式は始まったばかりだ。

鶴見区版のローカルニュース最新6

希望の花火、鶴見でも

【Web限定記事】横浜市鶴見区

希望の花火、鶴見でも 社会

コロナ収束願う一斉企画 總持寺が会場に

6月4日号

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

フェイスシールドで支援

【Web限定記事】横浜市鶴見区

フェイスシールドで支援 社会

区内NPO 医療機関にフレーム提供

6月4日号

オンライン上で写真展

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンライン上で写真展 文化

サルビアホール 作品募集中 

6月4日号

美味しい鮮魚もドライブスルー

所属委員会が決定

県議会

所属委員会が決定 政治

6月4日号

横浜市鶴見区からお知らせ

新型コロナウイルスの関連情報を発信中です

https://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク