鶴見区版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市鶴見区 小箱ショップ、オーナー募集 230カフェ(鶴見中央) レンタルスペースも

社会

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena

 「まちのリビング」として、今春オープンした230(つみれ)カフェ=鶴見中央4の7の15の201=が、6月29日、店内に設置している小箱ショップとレンタルスペースの利用説明会を実施する。

 多文化・多世代の集う場として、地域住民らから成る市民団体「つみれプロジェクト」が手がけるカフェ。市民主体の整備提案に横浜市が助成する「ヨコハマ市民まち普請事業」で採択された取組だ。

 カフェは今春オープンしたものの、新型コロナウイルス拡大防止のため営業を自粛。一部縮小しながらの運営となっている。

 小箱ショップは箱型のスペースを借り、ハンドメイド作品の販売などができるもの。同店のものは30cmの箱で1カ月2000円〜。商品陳列後の販売管理は同店が行う。

 レンタルスペースは店内を交流会や講座、ワークショップなどに活用が可能。カフェ内には小上がりもあるため、いすの苦手な人や乳幼児連れなども使いやすくなっている。また、全体貸しだけでなく、半分やテーブル貸しもあり、用途に応じて柔軟に使用できる。

 小箱、レンタルスペースともに利用料以外に登録手数料3000円が必要。説明会は6月29日午前10時30分〜11時30分。参加費無料で、筆記用具持参。当日は利用方法の説明、質疑応答などがある。申し込みは230カフェのホームページ内(【URL】https://230cafe.com/?p=875)。

鶴見区版のローカルニュース最新6

即興の絵を競う

即興の絵を競う 文化

ライブペイント企画 30日に

10月21日号

電話録音機を貸出中

電話録音機を貸出中 社会

詐欺防止に活躍

10月21日号

歴史学ぶ連続講座

歴史学ぶ連続講座 文化

11月6日と13日に

10月21日号

「大切な資産を守るため」

「大切な資産を守るため」 社会

神奈川銀行に聞く

10月21日号

馬車道で音楽イベント

関内ホール

馬車道で音楽イベント 文化

10月31日公演に招待

10月21日号

還付金詐欺が増加傾向

区内振り込め等

還付金詐欺が増加傾向 社会

非接触の手口を利用か

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook