鶴見区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

コロナ長期化9割「影響ある」 市調査で企業回答

経済

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症が経営にマイナスの影響を与えたと感じている市内企業は7割に上り、流行が長期化すれば影響が出てくるとした企業を合わせると9割を超えることが、横浜市の調査で分かった。

 市経済局が今年5月から6月に実施した景況・経営動向調査の一環として、新型コロナウイルス感染症の影響について聞いた。製造業(食料品、繊維衣服、印刷、鉄鋼金属など9分類)と非製造業(建設、運輸倉庫、卸売、小売、飲食宿泊、不動産など9分類)を対象に、市内企業と市内に事業所がある企業1000社に調査票を送付。569社(回収率56・9%)から回答を得た。

 「マイナスの影響があった」と回答した企業は69・4%で、「さらに長期化すると影響がある」と感じている企業は23・7%だった。「プラスの影響」は2・6%、「これまでも今後も影響はない」は3・3%にとどまった。

 売上が「50%以上減少した」とする企業は17・2%で、非製造業では23・5%に上った。「売上面での影響はない」と回答した企業は約4%で、業務に与えた影響で最も多かったのは「受注の減少」(72・2%)、次いで「取引先との面会の自粛、出張制限」(56・5%)、「来街者・顧客の減少」(39・7%)、「イベント等の中止・自粛」(30・9%)だった。

 新型コロナ問題に関連して時差出勤を行っている企業は約6割で、社内で感染防止のガイドラインなどを作成している企業も半数以上あった。給与の見直しを行った企業は、製造業7・3%、非製造業9・9%だった。

テレワーク「導入」45%

 新型コロナウイルスの影響後にテレワークを導入した企業は36・0%で、影響を受ける前から導入している企業(9・1%)を加えると45・1%と半数に迫った。規模別では大企業が89・2%、中小企業は34・3%、小規模企業は21・9%。一方で「導入しておらず、今後も導入は考えていない」と回答した企業も約4割あった。

 導入していない理由で最も多かったのは「テレワークがそぐわない業務である」で8割を超えた。「ネットワーク設備が十分でない」は25・3%、「必要性を感じない」は12・0%、「予算がない」は8・4%だった。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

鶴見銀座にマスコット誕生

鶴見銀座にマスコット誕生 社会

鶴小児童が制作

2月25日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

2月25日号

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ

【WEB限定記事】

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ 社会

事業費 前年55万増1億970万円

2月18日号

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少

【WEB限定記事】横浜市鶴見区

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少 社会

過去10年平均は依然ワースト 「さらなる努力必要」

2月18日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 社会

コロナ対応で膨張

2月11日号

生麦にお持ち帰りマップ

生麦にお持ち帰りマップ 社会

地元商店主ら 街角に掲示

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク