鶴見区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

「今できることを」 鶴見川漕艇場 制限と工夫

スポーツ

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
更衣室に変更した会議室(上)と一人乗りを楽しむ利用者
更衣室に変更した会議室(上)と一人乗りを楽しむ利用者

 スポーツ施設では様々な制限がありながらも、利用者が安心して活動できるように工夫を凝らしている。

 一般の人も利用できる鶴見川漕艇場=元宮=では、若者から高齢者までがボートやカヤックなどの漕艇を楽しんでいる。

 緊急事態宣言中の4月、5月を休館とし、6月から営業を再開。しかし、営業は制限を余儀なくされた。

一人乗りのみ

 これまで毎週のように開いてきた教室は、一回につき講師も入れると、10人以上が集まり、密になるため、中止した。

 複数人で漕ぐボートは、大きいものでも人と人との間が2m以内になる。そのため、一人乗りのみの貸し出しとした。一人乗りは、転覆しても自分で回復することが必要なため、初心者などには難しい。夏場、汗をかいたり、転覆した際などにあると便利なシャワーも現在は使用できない。

 スタッフは、「割合的にも高齢者の利用が多いため、対策は厳しくせざるを得ない。不便をかけてしまっている」と苦悩の表情を見せる。

密を避ける策

 制限がある中でもできる限りを尽くしている。

 利用の申し込み書は、屋外で記入できるように机を置いた。裏面には体調のチェックシート。受付には飛沫防止シートを設置し、館内の至る所に距離を保つための立ち位置表示シールを貼った。

 更衣室は換気が悪かったため、荷物置き場に変更。50人まで収容できた会議室を男女に区切り、更衣室とした。密にならないよう、立ち位置を決め、外から見えないようにカーテンを閉めながらも、窓は開けた。

 8月からはマンツーマンの教室を開催する予定。今後はフェイスシールドを着けて複数人での乗艇ができないか検討していきたいとする。

 戸塚から通う60代の男性は、「一人乗りは大きい艇があると影響を受けやすいので、今はすいていて快適。車で来て、ほとんど館内に入らずに帰れるため、不安はない」と話し、スタッフは、「不自由はあるが、できることからやっていくしかない。皆さんが安心して利用できることが第一」とした。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

松蔭寺の「如来像」展示中

松蔭寺の「如来像」展示中 文化

市内最古 歴博で仏像展

2月25日号

洗濯板で手洗い体験

新鶴見小学校

洗濯板で手洗い体験 教育

 児童ら 昔の生活学ぶ

2月25日号

住警器設置呼びかけ

一カ月で火災死者4人

住警器設置呼びかけ 社会

鶴見消防署が危機感

2月25日号

春感じる満開の菜の花

春感じる満開の菜の花 文化

リバーサイドガーデン

2月25日号

防災学ぶ講演会

防災学ぶ講演会 社会

体験者講師に

2月25日号

市仏教会 弁当を無償配布

市仏教会 弁当を無償配布 社会

区内は専念寺(市場)で

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク