鶴見区版 エリアトップへ

2020年7月の記事一覧

  • サンパチェンス祭り

    サンパチェンス祭り 文化

    入船公園で18日

     大輪のサンパチェンスに囲まれた会場での音楽祭・サンパチェンス祭が7月18日、入船公園=弁天町=で開かれる。時間は正午から午後4時。 毎...(続きを読む)

    7月9日号

  • コミュニティ冷蔵庫が登場

    鶴見中央

    コミュニティ冷蔵庫が登場 社会

    出し入れ自由 地域で廃棄ゼロへ 「食べきれないものをシェアして新たな助け合いを」。鶴見中央の路地裏に、「コミュニティ冷蔵庫...(続きを読む)

    7月9日号

  • 防災拠点の3密対策 強化

    横浜市

    防災拠点の3密対策 強化 社会

    「分散避難」呼びかけも

     台風シーズンとなる8、9月を控え、豪雨や地震などの自然災害と新型コロナウイルス感染症が重なる「複合災害」への対策は急務だ。横浜市は、感染防止備蓄品を市内の全地...(続きを読む)

    7月9日号

  • 津久井さんマリノスへ

    鶴大附高3年生

    津久井さんマリノスへ スポーツ

    現役高校生はクラブ初

     サッカーJ1リーグの横浜F・マリノスは6月25日、同ユース所属で鶴見大学附属高等学校在学中の津久井匠海選手とプロ契約を締結することを発表した。マリノ...(続きを読む)

    7月9日号

  • ”学び続ける”方法模索

    ”学び続ける”方法模索 教育

    白鵬女子 進むICT化

     新型コロナウイルスとともに生きる「withコロナ」の時代に、教育業界では、ICT化が進む学校も出てきている。 北寺尾の私立学校・白鵬女...(続きを読む)

    7月9日号

  • 商店街に賑わい作る

    レアールマルシェ

    商店街に賑わい作る 社会

    コロナに負けず開催中

     レアールつくの商店街内の一角で7月4日、「つくのつくるのマルシェ」が行われた。福島や山梨の特産品、区内周辺で活動するハンドメイド作家の商品などが並び、道行く人...(続きを読む)

    7月9日号

  • 安心の永代供養墓が4万円

    後々の費用一切なし/宗教自由

    安心の永代供養墓が4万円

    眞宗寺 川崎大仏が見守る霊園

     眞宗寺『溝の口本堂』と『川崎霊園』(麻生区)は、僧侶が毎日読経する「永代供養墓」。「遺骨を家に置いたまま」「お墓の後継者がいない」「費用はかけられないが供養は...(続きを読む)

    7月9日号

  • 鶴見出身・東洋のレセップス!?

    「土木事業者・吉田寅松」【7】 鶴見の歴史よもやま話

    鶴見出身・東洋のレセップス!?

    文 鶴見歴史の会 齋藤美枝 ※文中敬称略

    鉄道局長が育成した土木請負業者  横浜一つ目埋立事業で成功した吉田寅松は、鉄道の発展に伴い需要の増した鉄路...(続きを読む)

    7月9日号

  • 土曜開庁を再開

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    土曜開庁を再開 社会

    7月25日はマイナンバー業務なし

     新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため休止していた鶴見区役所の第2・4土曜日開庁が6月から再開されている。 ただ、7月25日について...(続きを読む)

    7月9日号

  • こどもタウンニュースよこはま版

    こどもタウンニュースよこはま版

     横浜市内の公立小学校に配布される「こどもタウンニュース」。2020年7月号は「SDGs」の特集!横浜市内の小学校や企業、行政のSDGsの取組みを紹介...(続きを読む)

    7月2日号

  • マウスピースの歯列矯正

    マウスピースの歯列矯正

    取材協力/あおき矯正歯科

     矯正歯科というと、最近は「マウスピース矯正」を耳にする機会も多い。しかしその利点やワイヤー矯正との違いなど知らないことも多いのでは。治療法の特徴について、あお...(続きを読む)

    7月2日号

  • 鶴見中央に児童福祉施設

    鶴見中央に児童福祉施設 社会

    相談や支援の受け皿に

     横浜市が児童福祉法に基づき、各区に一カ所、整備を進めている児童家庭支援センターが、このほど鶴見区内にも設置された。 同センターは、子育...(続きを読む)

    7月2日号

  • 唐松選手(区内在住)、世界へ

    現役東大生フットボーラー

    唐松選手(区内在住)、世界へ スポーツ

    運動は苦手―変えたアメフト

     生麦に隣接する神奈川区子安台の浅野中学・高等学校の出身で東京大学英語英米文学4年の唐松星悦さん=鶴見区在住=が、フットボーラーとして世界を舞台に躍進中だ。今年...(続きを読む)

    7月2日号

  • 子どもの支援団体募集

    子どもの支援団体募集 社会

     赤い羽根の募金活動などを行う社会福祉法人神奈川県共同募金会は、3月から様々な緊急支援を実施。そのうちの一つが子どもと家族への緊急配分事業だ。大和市の子ども食堂...(続きを読む)

    7月2日号

  • 花木園のハスが見頃

    花木園のハスが見頃 文化

    7月上旬に観賞会

     馬場花木園のハスが7月上旬に見頃を迎える=写真(同園提供/6月22日撮影)。同園は早朝の観賞会を7月4日、5日、11日、12日の4日間実施する。...(続きを読む)

    7月2日号

  • 新田 興助さん

    鶴見区納税貯蓄組合連合会の会長に就任した

    新田 興助さん

    東寺尾在住 73歳

    我が道信じ、人に尽くす ○…各種税金の円滑な納付を目的に、法律に基づき設置される納税貯蓄組合。副会長や理事を歴任してきた経...(続きを読む)

    7月2日号

  • フェイスシールドを寄贈

    鶴見北RC

    フェイスシールドを寄贈 社会

    コロナ対策 三師会に480枚

     鶴見区内で奉仕活動を続ける横浜鶴見北ロータリークラブが、6月25日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として、鶴見区医師会(芝山幸久会長)と鶴見区歯科医...(続きを読む)

    7月2日号

  • 最期の別れに”安心”を

    最期の別れに”安心”を 経済

    斎場や寺 変わる葬儀

     新型コロナウイルスとともに生きる「withコロナ」の時代。死者を弔う葬儀の現場でも、「大切な人との別れ」に集中できるよう様々な工夫が行われている。...(続きを読む)

    7月2日号

  • 「苦しい」老舗銭湯の叫び

    「苦しい」老舗銭湯の叫び 文化

    安善湯 客足遠のく現状

     戦前に建てられた老舗銭湯が苦境に立たされている――。 「お客さんが減った。それでも、維持費はかかる。苦しいね」。寛政町の安善湯の平原逸...(続きを読む)

    7月2日号

  • 道路の安全に配達員の目

    道路の安全に配達員の目 社会

    鶴見土木と郵便局ら連携

     鶴見土木事務所と区内22の郵便局、ゆうちょ銀行鶴見店が6月23日、道路の損傷や不法投棄の早期発見、未然防止を目的とした協定を締結した。今後は配達員らの目が、地...(続きを読む)

    7月2日号

  • 「省プラ」のススメ

    市資源循環局

    「省プラ」のススメ 経済

    SNSで暮らし方発信

     プラスチックごみによる海洋汚染が世界規模で深刻化していることを受け、横浜市はプラごみ削減につながる情報をSNS上で発信する取組を始めている。市が昨秋策定した「...(続きを読む)

    7月2日号

  • 鶴見出身・東洋のレセップス!?

    「土木事業者・吉田寅松」【6】 鶴見の歴史よもやま話

    鶴見出身・東洋のレセップス!?

    文 鶴見歴史の会 齋藤美枝 ※文中敬称略

    債務は県が肩代わり埋立会社解散  埋立会社に支払える能力がないと事情を察したウオルスホールが、これは民間資...(続きを読む)

    7月2日号

  • 近隣施設が一時避難場所に

    下野谷町2自治会

    近隣施設が一時避難場所に 社会

    覚書結び、相互に協力

     下野谷町の2自治会が6月25日、自治会内にある施設を災害時に一時避難場所として使用できる覚書を施設側と結んだ。当日は森健二区長の立ち合いのもと、代表...(続きを読む)

    7月2日号

  • 密対策難しく、「臨海」も断念

    密対策難しく、「臨海」も断念 社会

    区民祭り、今年度は全滅

     鶴見区民祭りの一つで、10月に開催予定だった「つるみ臨海フェスティバル」が、新型コロナウイルスの影響を受け、中止となることが決まった。区内大規模イベントが次々...(続きを読む)

    7月2日号

  • 東京純心大学と教育連携

    白鵬女子高

    東京純心大学と教育連携 教育

     学校法人白鵬女子学院・白鵬女子高等学校(北寺尾)は、学校法人東京純心女子学園・東京純心大学(八王子市)と教育連携を推進するため、協定を結んだ。このほど、同大学...(続きを読む)

    7月2日号

  • 医療体制拡充に56億円

    【Web限定記事】横浜市

    医療体制拡充に56億円 社会

    市 コロナ第2、3波に備え

     横浜市は開会中の市会定例会に新型コロナウイルスに対応するため総額187億円規模の補正予算案を上程している。流行の第2、3波に備え、医療提供体制を整備するほか、...(続きを読む)

    7月2日号

  • 小3年生、学力ジャンプを

    啓進塾中学受験専門

    小3年生、学力ジャンプを

     夏期講習を募集

     「コロナの影響で、子ども(孫)の私立中学受験の準備が遅れてしまっている……」 この切実な不安解消に確実に応えてくれる、中学受験専門塾『...(続きを読む)

    7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで

建替閉店セールに合わせ

3月4日~3月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク