鶴見区版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

横浜市 住宅火災の割合増加 1〜6月期157件

社会

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena

 今年1月から6月までの建物火災に占める住宅火災の割合が、過去10年で最高となったことが市消防局の速報で分かった。火災による死者数は8人で、全員が住宅火災によるものだった。

 上半期に発生した火災は363件で、前年同期比で9件減少。住宅火災は16件増加して157件となり、建物火災全体(217件)の72・4%を占めた。

 火災による死者8人の死因は、全て住宅火災によるものだった。年齢が判明している7人全員が65歳以上の高齢者で、75歳以上は4人いた。

死者のうち7人が警報機未設置世帯

 速報によると、死者のうち7人は住宅用火災警報器が未設置の世帯だった。同局は火災の早期発見や逃げ遅れを防ぐためには住宅用火災警報器の設置が有効とし、設置済みの場合でも日々の点検や10年を目安にした交換などのメンテナンスを呼び掛けている。

 過去10年間の火災件数は2011年の569件をピークに減少傾向だが、住宅火災は直近3年間で131件、141件、157件と増加。建物火災における割合も60%台で推移し、今年は初めて70%を超えた。

 出火原因で最も多かったのは、「放火(疑いを含む)」の97件(26・7%)。「たばこ」は42件(11・6%)、「こんろ」40件(11・0%)、「配線器具」20件(5・5%)、「ストーブ」17件(4・7%)だった。

鶴見区は30件発生前年比では減少

 鶴見区では1月から6月までに30件の火災が発生した。前年同期比で20件減り、10年間の平均と比べると12件の減少となった。

 火災発生件数の上位は、戸塚区がトップの34件、次に港北区の33件、鶴見区は3番目に多い30件だった。

鶴見区版のローカルニュース最新6

コロナ相談24時間化へ

コロナ相談24時間化へ 社会

市、12月から電話窓口統一

11月26日号

コーラスと演歌がコラボ

コーラスと演歌がコラボ 文化

ボニージャックスら出演

11月26日号

キリン工場見学再休止

キリン工場見学再休止 経済

コロナ再拡大で

11月26日号

優良工事施工者を表彰

優良工事施工者を表彰 社会

区内から6社4人

11月26日号

癒しで鶴見を盛り上げる

癒しで鶴見を盛り上げる 社会

区内セラピストら 安らぎを提供

11月26日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク