鶴見区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市 音楽配信で医療支援 市内在住バイオリニストがCF挑戦中

文化

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内在住のバイオリニスト、澤田智恵さん=写真=が、医療従事者に支援金を届けたいとクラウドファンディング(CF)に挑戦している。支援者へのリターンはオンラインバイオリンコンサートの配信で、支援金の受付は9月25日午後11時まで。

 

 ロシア国立グネーシン音楽院で学士と修士を取得し、世界で演奏を続けている澤田さん。日本ウクライナ芸術協会の代表も務め、両国の芸術文化に関わり活躍している。そんな澤田さんも新型コロナの影響でコンサートはすべて中止に。そんな折、自身の生徒でもある看護師からコロナ禍における医療現場の状況と、命を守る使命感に感銘を受け、今回の支援策を思い立ったという。

 

 支援先は「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」と「京都府新型コロナウイルス感染症対策応援寄附金」に加え、ウクライナで病院に医療物資を配布している国際NGO「アドラADRAウクライナ」の計3カ所。支援先を指定することも可能だ。支援金はクラウドファンディング手数料と経費2万円を除き、全額を医療現場で必要な事柄に使ってもらえるようにする。最終目標額は3千万円としており、期限まで支援を募る予定だ。

 

 リターンとなるコンサートは既に収録済で、9月末に配信予定。出演者は澤田さんのほか、ピアニストのユリヤ・レヴさん、ゲストに朗読家の武松洋子さん。そしてバイオリン界の重鎮、オレグ・クリサ教授に加え、ウクライナ国立室内アンサンブル「キエフ・ソロイスツ」も特別ゲストとして参加。プログラムは『タイスの瞑想曲』や『ヴォカリーズ』など有名曲を含む8曲。クラウドファンディングのサイトに2曲が無料公開されている。また、コンサートは在日ウクライナ大使館の後援事業。

 

 支援メニューは3千円、1万円ほか。出張生演奏やオンラインバイオリンレッスンなども用意されている。

 

 澤田さんは「おうちでコンサートを楽しむことが、医療従事者の支援になるプロジェクトです。医療現場を皆で支えましょう」と呼びかけている。

 クラウドファンディングサイトは「READYFOR 澤田智恵」で検索。【メール】society_japan_ukraine@yahoo.co.jp

鶴見区版のローカルニュース最新6

「防災」家族で考えよう

「防災」家族で考えよう 教育

市立小3生にハンドブック

10月29日号

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月29日号

女性特有のがんと検診

ピンクリボン月間企画

女性特有のがんと検診 社会

〜私らしく地域で生きる〜

10月29日号

安全の上の満足度追求

安全の上の満足度追求 経済

キリン工場見学 8カ月ぶり再開

10月29日号

対象品最大20万円割引に

県内の産業支援にかもめクーポン開始

対象品最大20万円割引に 経済

10月29日号

末吉を知る講座

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク