鶴見区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

電動車イスをシェア  市など MM21で実証実験

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
WHILLに試乗した来街者
WHILLに試乗した来街者

 横浜市とヨコハマ未来モビリティショーケース推進協議会はこのほど、車イス型の近距離用パーソナルモビリティ「WHILL」を利用したシェアリングサービスの長期実証実験を開始した。

 WHILLは末広町のベンチャー企業WHILL(株)が開発。小回りや段差乗り越え性能を備えた高機能のパーソナルモビリティで、速度を変えながら自由に走行できる。

 横浜市は、「SDGs未来都市・横浜」の実現に向け、社会課題などの統合的解決を図る取組を進めている。取組の一つとして、みなとみらい21地区から都市の価値向上を目的とした「みなとみらい2050プロジェクト」を推進しており、実証実験はその一環。この実験は移動に伴う社会課題の解決などを目指し昨年から実施しており、今回更なる認知度アップやニーズ調査のため、長期にわたる実証に至った。

広がりに期待

 貸出、返却場所となるのは「cafeアニミ」=西区みなとみらい2の1の1 クロスパティオ内。同店を経営するNPO法人アニミの服部一弘理事長は20代の頃に交通事故で車イス生活になった。話を受け、拠点となることを快諾。服部理事長は「パーソナルモビリティが広まれば車イスが日常にあることが普通になるはず」と期待を込める。

 走行可能エリアはみなとみらい21地区。火曜、水曜、祝日を除く午前11時から午後4時(受付午後3時半まで)。天候などにより中止の場合あり。18歳以上、体重115kg未満など、利用条件あり。利用の際は申込不要で当日直接同店へ。2月末までの実験を予定。市の担当者は「移動に伴う新たな価値の創造につながれば」と話す。問合せは【電話】045・222・3316。

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク