鶴見区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

「相談」が資産守る  言葉巧み 被害寸前

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
詐欺を防いだコンビニ
詐欺を防いだコンビニ

”裁判”に不安 

 区内に住む一人暮らしのYさん(70代・女性)は、危うく大切な資産を失うところだった。

 7月、NTTを名乗る男から携帯電話に連絡があった。「Yさんですね。昨年度のウェブサイト閲覧料29万円が未納になっています。明日以降になると裁判になります」。思い当たる節はなかったが、「裁判」という言葉に怖くなった。不安にかられ、「どうやって支払ったらいいか」と問うと、追って連絡すると電話は切れた。しばらくすると、NTTの男の上司である佐藤と名乗る者から電話がかかってきた。「今日中に支払ってください。おつりは返します。これから通話したまま、コンビニへ行ってウェブマネーを購入してください」

 次々と進む話に、「なぜ」「詐欺じゃないか」と頭をよぎった。「詐欺じゃないの」と問うと、電話口の声が変わり、流暢に難しい言葉を並べられ、意見を述べられなくなった。畳みかけるように話す犯人に抗議するのも疲れてしまった。なぜか自分の住所まで知られており、どこか近くで見られている―そんな気持ちにもなった。

店員の一声

 「コンビニは近いか」「今から出るのか」などと確認され、近くのコンビニに入店。ウェブマネーがどれか分からず、「こんなことを相談していいのだろうか」と思いつつも、店員に尋ねた。勇気を持って経緯を話すと、「それ詐欺ですよ」と言われ、警察へ行くことに決めた。

 以前、警察が巡回で自宅へ啓発に来ており、こういった詐欺の手口があることは知っていたが「その時は突然で訳がわからなくて」と振り返る。「大切なのは恥ずかしがらずに人に相談すること」。追い詰められた中での勇気ある行動が未然防止につながった。

店舗間で情報共有

 詐欺を防いだコンビニで対応した女性は、事件当日、携帯を持ちながら、焦った様子の女性から「ウェブマネーのピンクのカードはあるか」と尋ねられた。金額を聞くと、30万円と答えが返ってきたため詳細を聞き、詐欺を確信したという。

 同店の系列のコンビニでは、店舗であった詐欺被害や未遂の事例を店舗間で共有。最近ではウェブマネーを購入させ、IDを聞き出す手口が発生した。同店は「高齢者で高額の場合には、注意を払うようにしている。防げて良かった」と話す。

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク