鶴見区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

少年補導員藤澤さん 関東管区から感謝状 児童向け防犯教室に評価

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受けた藤澤さん(中央)
感謝状を受けた藤澤さん(中央)

 鶴見警察署少年補導員連絡会の藤澤修さんがこのほど、関東管区警察局長感謝状を受けた。区内全小学校を対象に、毎年実施している防犯教室などが評価された。11日には鶴見署で授与式が行われ、藤澤さんは「私一人ではなく、関係してくれた皆さんの力でもらったもの」と喜んだ。

 授与された関東管区警察局長感謝状は、同署によると「警察官でも簡単にもらえない。一般の人が対象になるのは珍しい」とされるもの。関東管区警察局は、47都道府県の警察署をまとめる警察庁の下に位置する組織。関東周辺の10県を管轄している。

 少年補導員は、青少年の安全な暮らしや健やかな成長を守るための警察ボランティア。警察署長から委嘱を受けて活動している。

 藤澤さんは、30年以上前から補導員として活動。今回評価された防犯教室は、8年前から実施してきたものだ。

 教室の対象は、区内22校の公立小学校をメインとし、各学校とも全校児童向けに行っている。

 近年はインターネット経由での犯罪が増えていることから、高学年にはサイバー教室、低学年には防犯教室を企画。内容も時代や社会に合わせ変更し、一人でも講義が出来るようにとマニュアルや機材を揃えるなど工夫している。

 管轄エリアの全児童に対して啓発しているケースはほとんどなく、市内、県内では最も回数を重ねており、全国でもトップクラスだという。

 昨年は、全国の少年補導員が集まるシンポジウムで事例紹介も行った。

人材発掘し継続

 11日は感謝状に合わせ、神奈川県警本部長からの記念品もあった。

 藤澤さんは「協力してくれる鶴見警察、学校警察連絡協議会、40人の補導員メンバー、みんなの支援のおかげ」と感謝。「継続のためには新しい人の加入も不可欠。活動したい人を常に募りながら、今後も取り組んでいきたい」と語った。

同会実施の防犯教室(汐入小で昨年撮影)
同会実施の防犯教室(汐入小で昨年撮影)

鶴見区版のトップニュース最新6

無事の証に黄色いカード

豊岡第三

無事の証に黄色いカード 社会

災害時の共助推進へ

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

食ロス削減機運高まる

協力団体を募集

食ロス削減機運高まる 社会

 食品回収場所が増加

10月15日号

分散、密回避で開催へ

生麦de事件まつり

分散、密回避で開催へ 社会

工夫重ね、60店が参加

10月15日号

コロナ禍の避難所体験

コロナ禍の避難所体験 コミュニティ社会

平安小で開設訓練

10月8日号

防犯栄誉金章を受賞

市場大和町安西さん

防犯栄誉金章を受賞 社会

指導員活動24年で

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク