鶴見区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

天気に恵まれ、稲刈り 横溝屋敷で稲作教室

社会

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
稲刈りを楽しむ地域住民
稲刈りを楽しむ地域住民

 みその公園「横溝屋敷」=獅子ヶ谷=で10月11日、屋敷前の田んぼに育つ米の稲刈りがあった。近隣に住む親子など50人ほどが参加し、汗を流した。

 横溝屋敷では、米作りを体験する稲作教室が1989年から近隣小学校向けに開かれ、2006年から一般住民を対象に実施されている。

 教室では、ボランティアが手伝いながら、1年を通して田植えや草取り、網掛けなど行う。今回は稲刈りの作業を実施した。雨予報だった当日だが、天候に恵まれ、参加者は晴天の下、稲作を楽しんだ。

初めは2人

 通常は120人ほどの応募があるという人気の稲作教室。今年は、4月の時点で申し込みが2人と、新型コロナウイルスの影響で参加者が思うように集まらなかった。ようやく40人ほどが集まったのは6月の田植え直前だったという。

 「安心して楽しんでもらいたい」と、これまで出していた食事はなくし、飲み物だけにしたほか、検温と健康チェックを一人ひとり行うなど対策を徹底した。

 新田弘子館長は「人数は昨年の半分だったが、充実した指導ができ、このくらいの人数が丁度いいのかもしれない」とコロナ禍での気付きに触れ、ボランティアの坂本浩二さん=人物風土記で紹介=は「人が楽しんでいるのを見ると自分も楽しい。安全にできることが何より」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

自由なアートを展示

【Web限定記事】横浜市鶴見区

自由なアートを展示 社会

市内在住・吉田さんら企画

12月3日号

区政要望を提出

商議所鶴見支部

区政要望を提出 経済

中電停車など11項目求め

12月3日号

ナポリタン学会認定店に

喫茶タンゴ

ナポリタン学会認定店に 文化

区内では初

12月3日号

地元初上映へ

『だからよ〜鶴見』

地元初上映へ 文化

12月3日号

”最後の”巨大ツリーが点灯

ビッグゴルフ滝川

”最後の”巨大ツリーが点灯 文化

12月末で閉店

12月3日号

史季の郷 十日夜を体験

日本版ハロウィーン?

史季の郷 十日夜を体験 文化

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク