鶴見区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

市内ケアプラ等 事業のオンライン化推進 全館にWi−Fi整備へ

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
市内の地域ケアプラザ
市内の地域ケアプラザ

 コロナ禍で地域の福祉活動が制限される中、市は地域ケアプラザ等の事業のオンライン化を進めていく方針だ。そのためのICT環境整備として、市内ケアプラザ140カ所と社会福祉活動拠点18カ所にWi―Fiの整備を要請。各施設は、市の9月の補正予算を活用して年内をめどに設置していく。

 地域ケアプラザ等は、体操教室や食事会など生活に役立つ行事や、専門員による無料相談などを実施し、地域の福祉活動の場となっている。

 しかし、現在はコロナ禍で活動を制限する状況が続き、利用者の体を動かす機会や、交流などが減っている。健康講座などの自主事業を中止していた施設には「早く実施してほしい」と利用者から要望もあった。

 そこで市は、場所に限られず各種講座や会議、相談などを実施できるようオンライン化を推進。例えば、対面の会議をオンラインに変更するなど、各施設の状況に合わせて導入する想定だ。

 区内の鶴見中央地域ケアプラザは「オンラインツールを使えば、講師をプロジェクター等で写し、部屋を分散して講座を行うといった事業展開もできる」と話す。

10万円上限に補助

 そのための環境整備として、これまでケアプラザで6カ所、福祉保健活動拠点で7カ所と整備が進んでいなかった公衆無線LANサービスWi―Fiの導入を要請した。

 今回、市が必須と定めたのは利用頻度の高い諸室。助成は1施設10万円が上限。対象はルータ購入や回線工事費など。すでに各施設へ要請が行われており、状況に合わせて導入していく流れだ。

「足りない」の声も

 一方、市内のケアプラザは、配線工事の有無など環境の違いをあげ、「新しく回線を引いたり、機能を重視すると、10万円では足りない」と漏らす。また、「高齢の利用者に端末を操作してもらう場合は、使い方の指導が必要な人がほとんど」と整備後の不安の声もあった。

 市は、年度内にオンラインツールの活用法などを運営側に伝える研修などを予定。費用については「上限の範囲内でお願いしたい」としている。

鶴見区版のトップニュース最新6

リモートで防犯教室

少年補導員

リモートで防犯教室 教育

放送室から映像で

11月26日号

AED、24時間利用可能に

東寺尾北部町会

AED、24時間利用可能に 社会

会館外に設置

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

地域サイトを開設

横浜商大・鶴見区

地域サイトを開設 社会

情報発信、交流の場に

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

黒板アートで特別賞

聖ヨゼフ高生

黒板アートで特別賞 文化

初出場 想像の景色形に

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク