鶴見区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

正社員雇用 8割「当面維持」 横浜市調査で企業回答

経済

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は12日、景況・経営動向調査の結果を公表した。通常調査と合わせ、今回は新型コロナウイルス感染症の影響と雇用状況に関する特別調査を実施。正社員の雇用人員については、8割を超える企業が「当面維持していく」と回答した。

 調査は市内企業と市内に事業所を置く1000社に調査票を送付。8月から9月にかけ、587社から回答を得た。

 コロナ禍における今後の雇用人員について聞いた設問では、正社員の雇用は82・5%、パートタイム労働者などについては74・6%の企業が維持していくとした。正社員を「増やしていく」と回答したのは11・2%、「減らしていく」は5・8%だった。一方、パートタイム労働者などについては「減らしていく」(7・0%)が「増やしていく」(4・6%)を上回った。

 新型コロナが業務に与えた影響については、80・2%が「マイナスの影響があった」と回答。「プラスの影響があった」は3・1%にとどまり、「影響はない」とした企業は15・8%だった。5月25日の緊急事態宣言解除以降に「マイナスの影響が強くなった」とした企業は34・0%で、「マイナスの影響が弱くなった」(32・9%)を上回った。

 新型コロナの流行に起因する従業員の休業については、「実施した」(現在はしていない、現在も継続の合計)が51・4%。「実施していない(今後の予定もない)」は44・8%だった。

 従業員の休業を実施した企業の中で、雇用調整助成金を活用した割合は55・5%に上り、「活用を検討している」(20・6%)を合わせると7割を超えた。

 「新しい生活様式」の業種別ガイドラインに基づく新型コロナ感染症拡大防止策については、7割超が「取り組んでいる」と回答。「検討している」は15・2%で、「ガイドラインを知らない」は9・2%、「ガイドラインを知っているが、取り組んでいない」は1・9%だった。

鶴見区版のローカルニュース最新6

豊岡商店街が区へ寄付

豊岡商店街が区へ寄付 社会

保健所を支援

11月19日号

防災向上へ高齢者宅訪問

生麦第二

防災向上へ高齢者宅訪問 社会

1400軒超を独自に

11月19日号

コロナと子供を考える

コロナと子供を考える 社会

潮田町で26日

11月19日号

鶴見大杯2連覇

元宮ファイターズ

鶴見大杯2連覇 スポーツ

区内20チームの頂点に

11月19日号

税の絵はがき募集

税の絵はがき募集 文化

法人会 児童向けコンクール

11月19日号

市 クックパッドと連携

市 クックパッドと連携 社会

アプリで商店街紹介など

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク