鶴見区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

救命リレーに感謝状 区民6人、消防団員に表彰も

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
猪口さん(右から2人目)と野澤さん(同3人目)
猪口さん(右から2人目)と野澤さん(同3人目)

 鶴見消防署(下枝昌司署長)は、今年8月と9月に発生した2件の救助活動事例で人命救助に尽力したとして、区民計6人に感謝状、消防団員2人に表彰状をそれぞれ授与した。5日と6日に同署で贈呈式があった。

連携し命救う

 8月の事例は、下末吉6丁目で発生。区民2人が歩行中に倒れた30代男性を救命した。

 第一発見者で119番通報したのは、近くに住む主婦の野澤綾乃さん。「どうしていいかわからなかった。初めての119番で手が震えた」と振り返る。

 野澤さんが通報後に戻ると、男性は一度起き上がったもののすぐに意識を失ったため、状況が変わったことを知らせようと2回目の119番のため自宅へ。この時に通りかかった会社員の猪口康生さんが救助に参加。夏休み、娘との散歩中という偶然だった。

 「最初、酔っ払いかと思って近づいたら、顔が青く、唇の色も違って。考えるよりすぐに手が出た」と猪口さん。高校時代、救命講習認定のため、授業で胸骨圧迫などを習っていたという。

 携帯電話に切り替え、管制員と通話しながら戻った野澤さんも猪口さんと協力。救急隊到着後、AEDなどにより男性は一命を取りとめた。下枝署長は、「まさに救命の連鎖。2人が同時にいなかったら救えなかった」と謝辞を送った。

橋上の男性支える

 9月の事例は、響橋で発生。欄干外側にいた高齢男性を区民4人と消防団員2人で支え、救助に協力した。

 最初に発見したのは会社員の渡辺まゆみさん。いたずらかと近づくと、高齢男性であることに気づき、一人じゃ支えられないと判断。「大人の男性を」と、近くのパソコン塾に飛び込み、講師の橋口由裕さんに助けを求めた。

 橋口さんは「足元を見たら、ほんのわずかしかなく、手を離したらと想像した」とし、暴れないように話しかけながら腕をつかみ続けたという。

 さらに、通りかかった会社員の田中尊大さんが協力し、交代した渡辺さんが110番通報。近所に住み、駆け付けた会社員の大賀英治さんが119番通報した。

 いずれも第八分団所属の消防団員、前田陽介さんと柳澤亘さんは、119番通報時に送られる一斉メールで現場に急行した。それぞれ落ちたらどうなるかが頭をよぎったと口を揃え、最終的にはみんなで支えるような状況だったという。

 橋から下を走る国道1号線までは10m以上あり、「落下していたら二次被害の可能性もあった。本当に感謝したい」と同署は謝意を示した。

前列右から大賀さん、橋口さん、田中さん、渡辺さん、後列右から2人目が柳澤さん、同3人目が前田陽介さん
前列右から大賀さん、橋口さん、田中さん、渡辺さん、後列右から2人目が柳澤さん、同3人目が前田陽介さん

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場 ICT化へ一歩

5月7日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

5月7日号

鯉のぼり 天高く

鯉のぼり 天高く 文化

横溝屋敷に70流

5月7日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀、市と協定

5月7日号

個性溢れる書、楽しむ

個性溢れる書、楽しむ 文化

鶴見書人会が展示

5月7日号

区内奉仕団体 こども食堂支援

区内奉仕団体 こども食堂支援 社会

地元産のタケノコ 有効活用

5月7日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter