鶴見区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

多彩な力作60点 豊岡老連で文化祭

文化

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
七福神の合作(上)と個性溢れる作品
七福神の合作(上)と個性溢れる作品

 豊岡地区老人会連合会が11月9日と10日、豊岡第二・三会館で恒例の文化祭を行った。

 豊岡には、6つの老人会があり、この文化祭は7年前から豊岡第二町会の老人会「豊二鶴齢会」が主体となり実施していた。物作りが好きな人が多く、集大成を披露する場だったという。豊岡の他の老人会からも参加の要望があり、昨年から合同で開催した。

七福神テーマに

 当日は、新型コロナウイルス対策として、同会館の2階に間隔をとって作品を展示。密を避けるため、各地区ごとに観覧時間を分けて設定した。

 今年のテーマは「七福神」。会場には、水彩画や編み物、粘土作品など、多彩な作品約60点が並んだ。テーマに合わせて、干支の動物の紙粘土や、絵画などもあった。

 昨年からはコミュニケーションを図るため、6つの老人会の合作を制作。今年は、七福神の下絵を各老人会に配分し、自由に色を付ける企画を考案。各老人会の個性溢れる作品が披露された。

 主体となって運営してきた鶴齢会の吉田千賀子さん=人物風土記で紹介=は「初めは連合でやることに反対の声もあったが、協力するからこそできることもある」と話し、豊岡地区老人会連合会の烏田次雄会長は「今後は各地区ごとに催しをするのが主流となると思う。もっと他の地域にも広がるといい」とした。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter