鶴見区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

鶴見ゆかりの書を堪能 プロ26人の作品展示

文化

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
作品に見入る来場者
作品に見入る来場者

 第41回鶴見区民文化祭特別展示「鶴見書人会役員展」が11月19日から23日まで、鶴見区民文化センターサルビアホールで行われた。

 主催する鶴見書人会(阿部跳龍代表)は、区内在住者や在勤者など、鶴見にゆかりのある書道家が所属する団体。発足して40年以上もの歴史を持つ。現在は、区内に書の文化を広めるために展示会を開くなど活動している。

 毎年春に会員による書人展、秋はプロの作品を集めた役員展を開催しているが、今年、書人展はコロナ禍で初めて中止に。役員展は感染症対策を徹底することで実施に至った。

 期間中は26作品が飾られた。中国殷・周時代の青銅器に使われた文である金文を書いたものや、木の板を掘って作られたものなど、大きさから字体まで自由な作品が並んだ。

 来場者は、個性溢れる作品を一つひとつ堪能していた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter