鶴見区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

コロナ相談24時間化へ 市、12月から電話窓口統一

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

混同を回避

 横浜市は12月から、これまで2つあった新型コロナウイルスに関する電話相談窓口を一本化し、24時間体制とする。

 今年2月から運用している「新型コロナウイルス感染症コールセンター」は感染症の特徴や予防法など、全般的な相談を受けていた。

 もう一方の「新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター」は息苦しさや高熱などの強い症状が続くなどしている人を対象にしていた。

 2つの窓口は対象が異なるが、市によると、コールセンターに症状が出ている人から問い合わせがあるなど、混同が見られたという。

 市の発表では2つの窓口は11月前半、1週間で約2千件の電話相談を受けていた。

回線も増設

 そこで、窓口を「新型コロナウイルス感染症コールセンター(帰国者・接触者相談センター)」に一本化し、これまで午前9時から午後9時までだった受付を24時間対応にする。

 現在は2つの窓口で計40回線だが、一本化後は50回線、来年1月には80

回線へ増設する。

 相談対象は新型コロナの全般的なことと、かかりつけ医がおらず、倦怠感や味覚障害、嗅覚障害がある人。

 発熱やせき、喉の痛みがある場合は「県発熱等診療予約センター」【電話】0570・048914、または【電話】045・285・1015(午前9時〜午後9時)への連絡を呼び掛けている。

 12月1日午前9時に開設される新センターは【電話】045・550・5530(これまでの感染症コールセンターの番号と同一)。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter