鶴見区版 エリアトップへ

2020年11月の記事一覧

  • 火災予防に階段活用

    火災予防に階段活用 社会

    密避け啓発、試行錯誤 鶴見区役所の正面入り口側の1階階段に、火災予防のための階段広報がお目見えした。...(続きを読む)

    11月5日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    11月5日0:00更新

     コロナ禍、活動を前に進めようと、工夫する動きが増えてきた。取材した階段広報は、対面での啓発の代わりにと企画されたが、目を引くものだと思った。イベントや講座も、...(続きを読む)

    11月5日号

  • 酒井 晴雄さん

    鶴見歴史の会の会長に就任した

    酒井 晴雄さん

    駒岡在住 70歳

    貴重な財産 広く後世へ ○…鶴見の歴史愛好家が集まり、講座や機関誌の発行など、地域文化の発展のため活動する「鶴見歴史の会」...(続きを読む)

    11月5日号

  • 「夢」があたる抽選会

    江ヶ崎町内会

    「夢」があたる抽選会 社会

    宝くじ3千枚を用意

     江ヶ崎町内会(黒川治宣会長/世帯数約3260)はこのほど、初夢宝くじ券などがあたる第二弾「お楽しみ抽選会」の実施を決めた。 同商店街で...(続きを読む)

    11月5日号

  • ことりっぷ電子版公開

    鶴見区

    ことりっぷ電子版公開 経済

    11月限定 地域活性狙う

     鶴見区は11月1日から30日までの期間限定で、観光案内冊子『ことりっぷ横浜鶴見』の電子書籍版を公開している。 冊子は、累計販売部数1千...(続きを読む)

    11月5日号

  • 区と郵便局が包括協定

    区と郵便局が包括協定 社会

    ポストで災害情報発信

     鶴見区と区内22の郵便局が10月26日、多種多様な地域課題解決を目的とした包括連携協定を締結した。区役所と郵便局の包括連携協定は横浜市内で初めて。...(続きを読む)

    11月5日号

  • レアールでマルシェ

    レアールでマルシェ 文化

    7日

     地方の美味しい食材や地域作家の小物などが並ぶ「つくのつくるのマルシェ」が11月7日、レアールつくの商店街内の一角で行われる。合同会社ふくわらい(木村...(続きを読む)

    11月5日号

  • ネット中傷テーマに講演

    横浜市

    ネット中傷テーマに講演 社会

    スマイリーさんが語る

     横浜市は「インターネットと人権」をテーマにした人権啓発講演会を11月21日(土)に横浜市開港記念会館(みなとみらい線日本大通り駅徒歩1分)で開く。午後1時30...(続きを読む)

    11月5日号

  • 今年は

    鶴見法人会

    今年は"テレビ寄席" 社会

    税週間行事 YOUTV協力

     (公社)鶴見法人会(大島正之会長)主催の「ほうじん寄席」が、11月9日から、YOUテレビの地上11チャンネルなどで放映される。...(続きを読む)

    11月5日号

  • 防災備蓄庫、拠点内に増設

    豊岡地区連合会

    防災備蓄庫、拠点内に増設 社会

    豊小が協力 補助金活用

     豊岡地区連合会(木佐美信行会長)がこのほど、地域防災拠点となる豊岡小学校と連携し、防災備蓄庫を増設した。コロナの影響で行事の中止などが相次ぐ中で、区の地域活動...(続きを読む)

    11月5日号

  • 横浜の「秋散歩」

    横浜の「秋散歩」 文化

    市季刊誌で特集

     横浜の秋の景色を特集した季刊誌「横濱」秋号が10月20日に発行された。季刊誌は市と神奈川新聞社が協働編集し、年4回発行しているもの。...(続きを読む)

    11月5日号

  • 「Go To」で活気戻るか

    市内商店街

    「Go To」で活気戻るか 経済

    効果の一過性に懸念も

     コロナ禍で客足が減る商店街を国が支援する「GoTo商店街事業」がこのほど、横浜市内でも始まった。これまでに市では商店街に一時金を支給する事業などを実施。しかし...(続きを読む)

    11月5日号

  • 飾り獅子が完成

    潮田神社

    飾り獅子が完成 文化

    鎮座100年記念 県下最大級

     潮田神社(萩原伴雄宮司)=潮田町=が、鎮座100年を記念して製作していた飾り獅子がこのほど完成し、10月25日、氏子町会に披露された。コロナ禍でお披露目のみと...(続きを読む)

    11月5日号

  • 災害時、ICT活用へ研修

    鶴見区災ボラ

    災害時、ICT活用へ研修 社会

    情報伝達、交流手段に

     鶴見区災害ボランティアネットワーク(河西英彦代表)の運営委員会が10月28日、区社会福祉活動拠点で行われ、講師らを招いたWEB会議の研修会があった。...(続きを読む)

    11月5日号

  • 鶴見安管・山谷会長が表彰

    鶴見安管・山谷会長が表彰 社会

    交通安全推進に寄与

     鶴見安全運転管理者会(以下、安管)の山谷朋彦会長がこのほど、交通安全功労者として関東管区警察局長・関東安全運転管理者協議会会長連名表彰を受賞した。...(続きを読む)

    11月5日号

  • 8日に生配信

    ウチナー祭

    8日に生配信 文化

    かりゆし前川、平川美香ら出演

     沖縄にゆかりのある鶴見区民らが中心となり企画され、毎年大人気のイベント「鶴見ウチナー祭」。コロナ禍の今年は初のオンライン開催として、11月8日正午〜...(続きを読む)

    11月5日号

  • ブロック塀改善工事に補助

    横浜市

    ブロック塀改善工事に補助

    今年度の補助金申請は12月28日まで

     横浜市はブロック塀の撤去等の改善工事を対象に、30万円を上限とした補助金を交付している。 今年度の補助金申請は...(続きを読む)

    11月5日号

  • 先着300人を無料招待

    サルビアホール

    先着300人を無料招待

    区内公立小4年生が対象 要予約

     鶴見区民文化センターサルビアホールが鶴見区内の公立小学校に通う4年生を12月の演奏会に無料招待する。現在、希望者を募集中だ。 同ホール...(続きを読む)

    11月5日号

  • コロナ患者 市内最多に

    【Web限定記事】横浜市鶴見区

    コロナ患者 市内最多に 社会

    前週から26人増

     横浜市は10月30日、市内18区ごとの新型コロナウイルス陽性患者数を発表した。発表によると、市内全体の陽性患者数は3,906人で、前週から178人増。鶴見区は...(続きを読む)

    11月5日号

  • 彩のある高品質な光を

    魅せます!鶴見のものづくり企業【1】

    彩のある高品質な光を

    市場下町プリンス電気(株)

     京浜工業地帯の中核である鶴見。数あるものづくりに関わる企業の魅力を一つひとつ掘り起こしたい――。そんな気持ちからスタートした「魅せます!鶴見のものづ...(続きを読む)

    11月5日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 前へ。経済再生と女性支援

    市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

    前へ。経済再生と女性支援

    横浜市会議員(自民党)東みちよ

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter