鶴見区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

東京パラリンピックに出場するパラテコンドー選手 田中 光哉(みつや)さん 向井町在住 28歳

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

「誰にも負けない」戦術家

 ○…東京パラ五輪のパラテコンドーで61kg級の代表に内定した。「出るからには金メダルを目指す。見る人に何か感じてもらえるよう全力を尽くしたい」。持ち味は冷静で戦略的な戦い方。「相手の技を誘ったり、思い描いた試合ができると嬉しい。楽しめば結果は後からついてくる」

 ○…福岡県出身。先天性の両上肢欠損の障がいがある。ワールドカップを見てサッカーに魅了され、大学まで続けた。難しいことに面白さを感じ、誰よりも練習するタイプだった。健常者と同じようにスポーツをしていたこともあり、障がいへの意識は薄く、「負けず嫌いで自分ならできると思っていた。それは障がいのない子に対しても」と振り返る。大学卒業後、東京都障害者スポーツ協会に就職。パラスポーツ発掘事業に関わり、様々な選手を見る中で「自分にもチャンスがあるのでは」と思うようになった。東京大会に出たいと2017年、新宿にあったテコンドーの道場の門を叩き、競技人生がスタートした。

 ○…沖縄の大学に通っていたこともあり、沖縄料理が好き。区内の店もよく訪れ、仲通の「うちなーすばヤージ小」には週一で通うほど。テコンドーの影響で韓国料理にもハマっている。練習の合間に美味しいもの食べて昼寝することや、買い物が楽しいと話す横顔は普通の青年だ。

 ○…「負けそうなときほどチャンスが多い」。練習で教わった大切な言葉。集中しきっていたところで大会延期が決まり、気落ちする時ももちろんあった。しかし「競技歴が短い自分にはチャンスだ」と切り替えて練習に励み、「この1年でメダルを獲れるチャンスは大きくなった」と自信溢れる表情。負けず嫌いな戦略家が、パラ五輪という大舞台に立つ。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

間口 節子さん

史季の郷のボランティアとして近隣学校で「昔の洗濯体験」を行う

間口 節子さん

矢向在住 69歳

2月25日号

どんらくさん(本名:堀場蔵人)

【WEB限定記事】東宝タクシー(株)で働き、”タクチューバ―”として活躍する

どんらくさん(本名:堀場蔵人)

区内在住 46歳

2月18日号

Akoさん(本名:本田葵子)

プロダンスリーグで活躍する

Akoさん(本名:本田葵子)

佃野町在住 18歳

2月11日号

野路 晶基さん

(公社)鶴見法人会青年部会部会長として活躍する

野路 晶基さん

尻手在住 43歳

2月4日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

横浜市内在勤 39歳

1月28日号

河野 真一さん

馬場花木園の園長を務める

河野 真一さん

馬場在勤 63歳

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク