鶴見区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

安善町共同防災組織 消防技術大会で長官賞 正確な操作などに評価

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
日頃の成果を発揮した隊員ら
日頃の成果を発揮した隊員ら

 区内3事業所からなる安善町共同防災組織がこのほど、消防庁主催の技能コンテストで全国から10組織に送られる消防庁長官賞を受賞した。

 隊員らは「安全、正確かつ迅速な操作の重要性を学んだ。培った隊員間の連携を活かしていきたい」と今後の活躍を誓った。

 安善町共同防災組織は、災害発生防止などに努める石油コンビナート等災害防止法が1975年に施行されたことを受け、77年に設立された複数事業所による合同の自衛消防組織。区内臨海部には大黒町に同様の組織がある。

 現在は、EMGルブリカンツ合同会社鶴見潤滑油工場、シェルルブリカンツジャパン(株)横浜事業所、セントラル・タンクターミナル(株)横浜事業所の3事業所で構成。計21人の隊員が交代しながら、365日24時間体制で安全を守っている。

全国29組織と戦う

 このコンテストは、自衛防災組織に所属する防災要員の技能および、士気の高揚を図ることが目的。2014年からスタートした。

 今年度は、全国30組織が参加。コロナ禍で予選はなく、30組織を一斉にビデオ審査する形で実施された。

 屋外貯蔵タンクで火災が発生したことを想定し、消防車による高所泡放水活動の安全管理、隊長を中心とした連携活動、正確で確実な操作等が審査された。

 同組織は、2017年に初出場し、総務大臣表彰を受けた。今回で2度目の出場となった。

 隊員らは、「コロナ禍でこれまでと同じようにできない中、感染防止と熱中症に気を配りながら訓練を重ねてきた」とし、「目標の1位には届かなかったが、学ぶことがたくさんあった。今後の活動に活かせれば」と話した。

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見区 5年で1・2万人増

鶴見区 5年で1・2万人増 社会

国勢調査、市速報を発表

4月15日号

初の健康遊具

三ツ池公園

初の健康遊具 社会

背のばしベンチ2基設置

4月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 教育

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月15日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter