鶴見区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

馬場花木園 樹名板に二次元コード 情報発信を強化

文化

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
二次元バーコードのついた樹名板
二次元バーコードのついた樹名板

 馬場花木園は先月25日、園内の植物の情報を伝えるための新しいツールとして二次元バーコード付き樹名板を10枚設置した。スマートフォンなどをかざすだけで情報が素早く入手でき、同園は「いま咲いていない花も画面上で楽しめる。ぜひ活用を」と話す。

 二次元バーコード付き樹名板が付いているのは、ウコンザクラや、メグスリノキ、カラタネオガタマなど、園内にある特徴的な樹木10本。

 二次元バーコードを手持ちのスマホなどで読み取ると、名前の由来、花言葉、樹木の特徴などの解説のほか、満開時の写真を見ることができる。

読み取り手軽に

 園内の植物についての問い合わせも多く、園内の植物の情報発信を強化したいと思っていた同園。初めは、実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねる拡張現実(AR)を使った案も出ていた。しかし、ARを読み取るには、ソフトのダウンロードなど手間がかかることから、高齢者には使いづらいと判断。より手軽に読み取れる二次元バーコードの樹名板設置に至った。

 来年度は、珍しい樹木を中心に、さらに10枚の二次元バーコード付き樹名板を設置する予定だという。

見頃の花、一目で

 同園では1月から園のパンフレットとは別に、見頃の花を集めた小冊子「花便り」も発行し、管理棟に配架した。2カ月に一度、写真と花言葉、咲いている場所を紹介する。

 河野真一園長=人物風土記で紹介=は、「コロナ禍で来園者も前年と比べ2倍以上増えている。情報発信の強化で、より公園を楽しんでもらえれば」と話した。

1月から発行の花便り
1月から発行の花便り

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

鶴見銀座にマスコット誕生

鶴見銀座にマスコット誕生 社会

鶴小児童が制作

2月25日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

2月25日号

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ

【WEB限定記事】

横浜市鶴見区来年度予算案 コロナ対応継続 経済活性化、WEB活用など転換へ 社会

事業費 前年55万増1億970万円

2月18日号

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少

【WEB限定記事】横浜市鶴見区

令和2年の火災発生件数、市内で最も減少 社会

過去10年平均は依然ワースト 「さらなる努力必要」

2月18日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 社会

コロナ対応で膨張

2月11日号

生麦にお持ち帰りマップ

生麦にお持ち帰りマップ 社会

地元商店主ら 街角に掲示

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク