鶴見区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

鶴見銀座にマスコット誕生 鶴小児童が制作

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
鶴見小の児童が作った鶴見銀座商店街(ベルロードつるみ)のマスコットキャラクター「にじベルくん」。虹のアーチを商店街シンボルの門に見立て、店員の笑顔、空から見守り幸せを運ぶといった意味を込めている
鶴見小の児童が作った鶴見銀座商店街(ベルロードつるみ)のマスコットキャラクター「にじベルくん」。虹のアーチを商店街シンボルの門に見立て、店員の笑顔、空から見守り幸せを運ぶといった意味を込めている

 鶴見小学校3年4組の児童による鶴見銀座商店街(ベルロードつるみ)のオリジナルキャラクター「にじベルくん」が、このほど誕生した。すでに人形づくりなども始まっており、「活性化のために活用したい」と商店街関係者らは話す。

 オリジナルキャラクターづくりは、総合学習の授業の一環として実施されたもの。これまでも同商店街の協力で、さまざまな学年が地域のことなどを学んできた。

 今回、まちとの関わりから学ぶ内容を決める中、児童から「いつもお世話になってばかり。自分たちで力になれることがしたい」と声が上がり、インタビューを敢行。新型コロナウイルスの影響で売上が減っている現状などを知ったうえ、キャラクターづくりの要望もあったことから実現した。

魅力調査し集約

 児童らは制作に向けて商店街の魅力などを調査。一人一案考え、話し合いながらアイデアを集約。4案に絞った。

 「にじベルくん」は、最終4案から商店街会員の中でアンケートを実施して決定。ベルロードのシンボルである門を虹で表現し、愛称であるベルもあしらった。

 児童たちは、「雲に乗ってまちを見守り幸せを運ぶ」「笑っている店員さんをイメージした笑顔」などとポイントを挙げている。

 同商店街の副理事を務めるエスプランの塩田一善さんは「どのキャラクターも商店街が元気になる思いがこめられていて感動した」とコメント。完成した「にじベルくん」は、コロナ収束後のイベントなどで活用していくとし、「子どもたちが大きくなってもずっと使える。大事にしたい」と塩田さんは話した。

人形などにも活用

 今後、児童は「にじベルくん」をいかし、商店街の魅力を紹介する動画作成、商店街内での放送などを展開していく予定。プラバンでキーホルダーも作成中で、商店街でもぬいぐるみ仕様のマスコット人形の制作が進んでいるという。

鶴見区版のトップニュース最新6

横浜駅西口に交付拠点

マイナンバーカード

横浜駅西口に交付拠点 社会

鶴見区含む8区が対象

4月15日号

地域一丸で謎解き企画

地域一丸で謎解き企画 教育

寺尾小周辺 密さけ工夫

4月15日号

警察署建替えを要望

警察署建替えを要望 社会

区内5団体 移転含め連名で

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

絆のモザイクアート完成

絆のモザイクアート完成 コミュニティ文化

自治連ら企画 HPで公開

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 教育

非常用に蓄電池配備

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/yokohama-ozaki-futoshi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter