鶴見区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

"狐面"で棚倉町知って つくの商店街でマルシェ

文化

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
棚倉町の民俗芸能に使われる狐面
棚倉町の民俗芸能に使われる狐面

 合同会社ふくわらい(木村郁子代表)による

「つくのつくるのマルシェ」が3月6日、レアールつくの商店街中ほどのグリーンストア前で開催される。午前11時〜午後4時。

 マルシェは、鶴見区の友好交流都市・福島県棚倉町のPR事業として実施していた「たなぐらマルシェ」をリニューアルしたもの。

 今回は「福島県棚倉町フェア」と題し、同町の民俗芸能・八槻都々古別(やつきつつこわけ)神社の「御田植」に使われる狐のお面に注目。地域の人によってデザインされた狐面が飾られるほか、狐面を被って写真撮影、数量限定で色付けできるブース(先着順)などを用意する。ほかにも、福島の特産品販売や地域の薬局による健康相談、ハンドメイド作家による作品が並ぶ。

 入場無料。雨天決行。問い合わせは【電話】080・8845・9878。
 

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見区犯罪発生状況 特殊詐欺、オートバイ盗などに注意を

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で48人増

マスク着用 促すポスター

マスク着用 促すポスター 文化

仲通・土屋さんが手作り

4月22日号

80歳以上 23日通知開始

80歳以上 23日通知開始 社会

市、ワクチン接種予定公表

4月22日号

異文化交流市が補助金

異文化交流市が補助金 社会

公募始まる

4月22日号

投開票は8月22日

横浜市長選

投開票は8月22日 政治

五輪避けた日程に

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter